テーマの引き出し

知っておきたいポメラニアンの性格

ポメラニアンは、ソリ引きをしたり、牧羊犬として活躍した大型犬スピッツの血を受け継いでいるので、遺伝子的にも、人間との調和を求めます。

飼い主に対する愛着はとても強いのですが、反面依存も強くなります。

そんなポメラニアンは、「ころころ」で「もふもふ」、目がまんまるで、見ているだけで癒されます。

その見た目どおり、飼い主にも従順で、しつけはしやすいといわれています。

「でも、実は・・・!」という一面もあります。

ポメラニアンの表の表情と、裏に隠された性格を紹介します。

ポメラニアンは、優しくていい子

どのポメラニアンにも、ほぼ共通していえることですが、寂しがり屋でとても可愛らしい性格をしています。

風呂に行くにも、トイレに行くにも、いつも一緒についてきます。

手、足、顔、いつでもペロペロ、一緒に寝るとくっついてきたり、抱きしめると安心して寝入ったり。

愛されていることを、毎日実感できます。

ポメラニアンは、3か月もあれば、物を覚えることができるくらい、頭が良い犬種です。

根気強くしつけを続けていけば、たとえ高齢になっても、新しいことを覚えさせることができます。

実は、気が強くて臆病なポメラニアン

そんな、可愛らしくて頭のいいポメラニアンですが、実は、とても気が強くて、嫌なことは嫌と、しっかりと主張します。

例えば、爪切りや歯磨きのとき、唸ったり、吠えたり、噛んだりすることが多いです。

ポメラニアンは、吠えます。

警戒心が強く、臆病なので、怖いという気持ちを隠すために、チャイムが鳴ったら「キャンキャン!」、怖そうな人が通りかかったら「キャンキャン!」、物音がしたら「キャンキャン!」、何か気配を感じたら「キャンキャン!」。

幼いうちにしつけをしておかないと、なかなか直りません。

ポメラニアンは、寂しがり屋の犬なので、一人が耐えられないのです。

留守番中に物を壊したり、飼い主を捜して、うろうろピョンピョンして脱臼、骨折をしたり、一人のストレスで吐いたり病気になったり、可愛い反面、とても手がかかります。

強いところも含めて「可愛い!」と思える人が飼うのに向いている犬種が、ポメラニアンだといえます。

しかし、犬の性格というのは、飼い主の性格、飼っている環境、育て方によって変わってくるので、良い子になるように、愛情をたくさん与えて上げることが大切です。

ポメラニアンの性格の長所と短所

長所

ポメラニアンは、飼い主への愛情が深いこともありますが、とにかく好奇心旺盛で元気です。

ジッとしていることを嫌がります。

一緒に遊んでいると、その学習能力に驚かされるほど、とても賢い犬です。

ポメラニアンの祖先の影響もあり、協調性があって、最初は他の犬と吠えあうことはしょっちゅうですが、すぐに仲良くなれます。

精神的にタフなので、失敗してもすぐに立ち直ってチャレンジできます。

おやつをもらえるまで、とことん飼い主の後を追い続けるという、粘り強さももっています。

短所

長所と短所は、紙一重です。

牧羊犬だっただけに、ポメラニアンは警戒心が強く、相手が大きな犬であっても吠えてかかります。

知らない人間に対しても、同じです。

ポメラニアンの吠え癖は、しつけの段階で軽減することが可能ですが、自己主張の強い犬なので、しつけ方があまくなると、後が大変です。

ルールに対しての意識が低いと、とてもわがままな犬に育ってしまいます。

ダメなものはダメと厳格にしつけをして、主従関係を明確にすることが、ポメラニアンを育てていく上で、大切になります。

~・~・~・~・~・~・~

ポメラニアンは可愛らしい犬ですが、室内犬としては、番犬にもなるほど勇敢で警戒心の強い犬でもあります。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。