テーマの引き出し

「石に漱ぎ流れに枕す」の意味と語源

石に漱ぎ流れに枕す(いしにくちすすぎながれにまくらす)

「石に漱ぎ流れに枕す」の意味

負け惜しみの強いことのたとえ。
また、屁理屈をつけて言い逃れることのたとえ。

「石に漱ぎ流れに枕す」の語源・由来

「石に漱ぎ流れに枕す」の語源は、「晋書」孫楚伝にある、次のような故事が由来になっています。

晋の国に、孫楚(そんそ)という学識豊かな者がいました。

孫楚は若い頃、俗世間を離れて隠れ住みたいと思っていました。

孫楚は、親友である宰相の王済(おうさい)に、

「私は、石を枕にして横になり、川の流れで口をすすぐような暮らしがしたい。」
と言うのを、間違って
「私は、石で口をすすぎ、川の流れを枕にするような暮らしがしたい。」

と言ってしまいました。

これを聞いた王済は

「川の流れを枕にすることができるのかい? それに石で口をすすぐなんてできないだろう。」

と言って笑いました。

すると、孫楚はすかさず、

「川の流れを枕にするというのは、つまらないことを聞いて汚れた耳を洗うということで、石で口をすすぐというのは、歯を磨くということだ。」

と言って、言い間違ったことを認めなかったのでした。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。