テーマの引き出し

ポメラニアンに向いているドッグフードとは

多くのドッグフードが市販されていますが、ポメラニアン専用のドッグフードはありません。

ポメラニアンには、どんなッグフードを与えたら良いのでしょう。

一般に市販されているドッグフードなら、どれを食べても十分長生きすることは可能です。

最近は、ペットフード安全法等によって、犬・猫のフードは、昔に比べればかなり安全になっています。

ただ、どのドッグフードでもポメラニアンに適しているかというと、必ずしもそうとはいえません。

ポメラニアンに向いているドッグフード

市販されているドッグフードは、すべての犬に向けて作られたものなので、特定の犬種のポメラニアンの特徴については、考慮されていません。

安く製造するために、添加物も使われていますし、原材料が不明なものも多く見受けられます。

ポメラニアンは、骨・関節等の骨格が弱い犬種なので、日々のドッグフードで、グルコサミンやコンドロイチンなどをしっかりと摂取して、補強していく必要があります。

また、毛が長い分、パサつきやすく、皮膚病にもなりやすいので、皮膚アレルギーを引き起こしやすい添加物は少ないもの、もしくは無添加のものが好ましいです。

ポメラニアンは、高齢になると心臓病を引き起こすことが多い犬種といわれているので、塩分等の摂取を控え、十分な良質のたんぱく質をバランスよく摂取することが、健康に長生きする上で必要になってきます。

ペット保険が当たり前になり、ドッグフードの種類もどんどんと増えています。

そんな中、愛犬に与えたいのは、病気を予防でき、健康寿命を伸ばせるドッグフードです。

参考

参考までに、筆者のポメラニアンのごはんについて紹介します。

※12才ポメラニアン♀
※股関節脱臼を11才で発症したが、はめ直してドッグフードに気をつけたら治癒
※子宮蓄膿症を11才で発症したが、早期発見だったため、手術後完治

・朝:無添加ドッグフード(関節強化用)
・夜:ヨーグルト・トマト・青菜系野菜・納豆・無添加ドッグフード少量 +サプリメント(白内障予防・関節強化成分含有)

ポメラニアンが、食欲不振の時には

ポメラニアンは、食べることが大好きです。

ねだられて、もう少しあげようかなと、悩むことも少なくないでしょう。

そんなポメラニアンが、突然、食欲不振になってしまったら、心配になってしまいます。

ポメラニアンの食欲不振は、病気の初期症状であることも多いので、注意が必要です。

食欲不振の期間で判断

1日の食欲不振であれば、ストレスなどの一過性の原因であることも多いので、あまり心配する必要はないかもしれません。

丸1日、何も食べなくても、ポメラニアンは大丈夫です。

しかし、食欲不振が2日以上続くような場合には、注意が必要です。

水ばかりを飲むようだと、糖尿病や腎炎などの可能性も考えられます。

他にも、何らかの疾患の症状の可能性もあるので、食欲不振が続くようなら、動物病院で診てもらいましょう。

高齢の場合は、疾患ではなく、自然な現象の可能性もあります。

また、ドッグフードを変えたような場合は、それがポメラニアンに合わなかった可能性もあります。

食事の与え方に問題はないか

いつものように元気なのに、食欲がない。

元気なのに、すぐにドッグフードを食べない場合には、日ごろの食事の与え方を振り返ってみましょう。

ドッグフード以外で、美味しいものを与えることが多い場合には、ドッグフードを食べなくなるケースもあります。

また、片づけができていなくて、いつでも食事がとれるようになっている環境でも、同じようなことが起こることがあります。

すぐに食べようとしないので、食欲不振のように思ってしまいますが、実際はそうではないのです。

このような場合は、食事を与える環境を改善することで、食欲不振のような状況は解消されます。

もう一度、食事や食事を与える環境を見直しをしてみましょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。