テーマの引き出し

ポメラニアンは10歳を超えたら高齢期

小型犬のポメラニアンは、10歳を超えたら高齢期に入ります。

昔は8歳で高齢期といわれていたポメラニアンですが、飼養環境が良くなってきたこともあり、高齢による症状が出始めるのが、10歳くらいになってきているといわれています。

高齢による症状やケアの方法、予防法などは、犬種によって違ってきます。

ポメラニアンの高齢期についてまとめてみましたので、ケアの参考にしてください。

ポメラニアンの高齢期

ポメラニアンが高齢になったからといって、いきなり歯が抜けてしまったり、寝たきりになってしまったりというようなことは、まずありません。

最初は、「あれっ、ちょっと年をとったのかな?」という「気づき」から始まります。

例えば、「ひげや口の周りの毛が白くなっていく」「散歩で歩くスピードが遅くなっていく」「長く走れなくなる」「階段が上れなくなる」「食べているのに痩せてくる」「筋肉が衰えてくる」などです。

さらに年月が進むと、「食べ物の嗜好が変わる」「食べ物に目ざとくなる(逆に、小食になることもあります)」「性格が頑固・凶暴になる」「さらに痩せてくる」、そして、高齢が原因となる病気にかかるようになり、最終的には、介護が必要になるという流れが一般的です。

最期まで健康で、元気に過ごすために

ポメラニアンの健康寿命を伸ばすには、早いうちから徹底してケアをしていくことがポイントです。

8才くらいになったら、高齢に向けたケアのことを考えてみましょう。

具体的には、

・足腰に負担のかからないようにマットを敷く。(これは、若い頃から行っておくのがベストです。)
・シニア犬用のドッグフードに変える。
・ドッグフードの質を見直す。(無添加のものなど。)
・アンチエイジングに良い食べ物を与える。(トマト、野菜類など。)
・腸内環境を整える食べ物を与える。(ヨーグルト、乳酸菌サプリメントなど。)

といったようなことが挙げられます。

高齢期のポメラニアンに、特に気をつけたいこと

ポメラニアンはもともと我が強く、頑固な性格の持ち主ですが、年をとると、さらにその傾向が強くなります。

怒ってもいうことを聞かなくなります。

嫌なときは咬みます。

すぐ吠えるようになります。

身体は高齢でも、心や気持ちはまだ以前と同じだったりするので、無理してソファーに乗ろうとして怪我をしたり、走り回ろうと思ったのに身体がいうことをきかなくてパニックになり、ぎゃんぎゃん鳴いたりすることもあります。

ポメラニアンは、もともと、骨格・心臓・呼吸器が弱い犬種です。

日々の生活で、寝る姿勢、生活環境、食べ物、運動内容などには、特に気をつけていくことが大切です。

高齢になるにつれて、手間がかかるようになりますが、以前のように「言うことを聞くようになる」「しつけを覚えた」というような「満足感」はほとんど得られなくなるので、イライラすることも多くなります。

しかし、怒っても何の効果もないので、「怒らないで済む工夫」をしていくことが、高齢期のポメラニアンと快適に暮らす秘訣となります。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。