テーマの引き出し

ポメラニアンが好きな遊びと注意点

ポメラニアンは、好奇心が旺盛で遊ぶことが大好きです。

しかし、間違った遊び方や行き過ぎた遊びは、怪我の原因にもなってしまいます。

ポメラニアンが好きな遊びを、注意点も含めて紹介します。

おもちゃ投げ

1匹で遊んでいてもつまらないです。

ポメラニアンは、常に誰かと一緒にいたい寂しがり屋で、飼い主のことを本当に大切に思っている犬種です。

飼い主と一緒に楽しむから、幸せを感じて遊ぶことができるのです。

飼い主におもちゃを投げてもらって、頑張って取ってきて、飼い主にほめられるという、一連の行為すべてが大好きなのです。

ただ、フローリングで走らせると、ヘルニアや脱臼の原因になるので、マットを敷いておくようにしましょう。

かじかじ系おもちゃ遊び

ポメラニアンは、噛むことが大好きです。

強靱な顎力を持ち合わせてもいます。

小さなぬいぐるみ、骨のおもちゃなど、たくさんの種類のアイテムが販売されているので、愛犬の好きなタイプのものを選んであげてください。

ポメラニアンは、歯磨きが嫌いなことが多いので、歯のケアもできるおもちゃを買ってあげると、健康にも良いのでおすすめです。

よく、ポメラニアンと引っ張りあいをして遊んでいる飼い主がいますが、ポメラニアンの場合、首が弱いので、怪我(頸椎ヘルニアなど)の原因となってしまいます。

引っ張りあいをするとしても、数回だけ、ソフトに相手をしてあげるようにしましょう。

ドッグラン

ポメラニアンは、走ってじゃれるのが大好きです。

日頃たまったストレスを発散するためにも、時々ドッグランに連れて行ってあげるといいです。

特に、他の犬や人に慣れていなくて、よく吠えてしまうというポメラニアンには、おすすめです。

ドッグランで、たくさんの犬やその飼い主と触れ合うことで、社会性を磨くことができます。

学ぶことも、ポメラニアンの幸せの一つです。

ただし、行き過ぎは、疲労やストレスの原因にもなるので、月1~2回程度にしておくのがいいでしょう。

~・~・~・~・~・~・~

ごく一般的な遊びですが、これらの遊びに、ポメラニアンは幸せを感じています。

それぞれの遊びの意味も考えながら、注意点に気をつけて、楽しく一緒に遊んであげましょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。