テーマの引き出し

ポメラニアンと快適に暮らすためのライフスタイル

「犬と暮らす場合は、犬に合わせるのではなく、人間に合わせるようにさせないと、主従関係が崩れる。」ということがよく言われますが、実際のところは、そんなことはないようです。

犬と飼い主の主従関係が崩れるのは、よほど怠惰な生活をしている場合だけです。

特に、ポメラニアンの場合は、たくさんの愛情を注ぐ必要があるので、乱れた生活リズムでは、しつけがうまくできません。

ポメラニアンに合わせるというよりも、ポメラニアンに配慮して生活してみると、生活がもっと快適になるはずです。

生活リズムは規則正しく

ポメラニアンは賢い犬ですから、ある程度の期間同じリズムで生活していたら、すぐに覚えます。

だから、しつけがしやすいのです。

朝起きる時間、出勤する時間、帰宅する時間、夕飯の時間、遊ぶ時間、寝る時間を決めて生活し、ポメラニアンに覚えさせます。

そうすることで、指示によって排便をさせることが可能になり、ごはんを求めて常時暴れることもなくなり、拾い食いもなくなります。(それぞれのポメラニアンで、個体差はあると思いますが・・・。)

一方で、残業や飲み会などで帰宅時間がバラバラだったり、気分でごはんの時間を変えていると、ポメラニアンの体内リズムも乱れ、下痢になったり、留守番中に排便をして部屋中の掃除が必要になったりして、飼い主がしなければならないことが激増することになるでしょう。

ポメラニアンの体内リズムを整えて健康を保つためにも、ポメラニアンとの生活をより楽により快適に送るためにも、ある程度の生活リズムの時間の目安は決めておくようにしたいです。

ドッグフード + サプリメント + 野菜

ポメラニアンは、骨・関節・首・心臓・気管が弱くて、やんちゃな性格なので、怪我が多い犬種です。

市販のドッグフードだけでも十分長生きはできますが、もともと持っている弱さは、少なくすることはできません。

そこで、ドッグフードに加えて、愛犬の弱いところを補強する成分の入っているサプリメントや野菜類を与えることで、健康寿命を延ばしていくのです。

人間の食べる物は、極力与えないようにしましょう。

ポメラニアン与えることでより健康によいとされる野菜は、トマト、キャベツ、小松菜、にんじん、さつまいも、かぼちゃなどです。

ポメラニアンの性格・特徴に合わせたライフスタイル

よく動いてよく暴れるポメラニアンには、ゲートを設置し、危険な物は全部片付けてしまいます。

関節が特に弱いポメラニアンには、滑り止め機能付きのマットを部屋中に敷き詰めるなどの「レイアウト変更」をします。

高齢や体の弱いポメラニアンは、散歩は週に2回だけにして、室内で遊ぶ時間を増やし、たくさんハグをしてあげましょう。

体が強くて動くことが大好きなポメラニアンには、散歩は毎日、ときどきドッグランでコミュニケーション力を強化するなどの「習慣管理」。

よく汚すポメラニアン・下痢が多いポメラニアンは、おしり周りをバリカンでキレイにして、うんちが付かないようなカットにします。

シャンプーにも限度があるので、洗い流さないタイプのシャンプーを使用し、部屋も除菌スプレーでこまめに掃除するなどの「衛生管理」をしてあげましょう。

それぞれのポメラニアンによっては、他にも対応していくべきことも多いと思いますが・・・。

愛するポメラニアンが、生涯健康で幸せに過ごしていけるようにするために、飼い主に必要なものは、愛情です。

愛情を持ってしっかりと管理し、必要なときには徹底的に合わせることで、ポメラニアンは、飼い主のことを最高のリーダーでありパートナーだと思ってくれるようになります。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。