テーマの引き出し

ポメラニアンの子犬を選ぶポイントは?

ポメラニアンの子犬を選ぶ時に最も重要なのが、健康状態です。

どんなに見た目が可愛いポメラニアンでも、飼うのは、健康に問題がないかどうかを確認してからにしましょう。

一生涯の面倒をみることになるので、写真だけで判断するのではなく、実際に子犬と対面してきちんと健康状態を確認しましょう。

ポメラニアンの子犬を選ぶ際には、できるだけ広い場所で、自由に動き回っているところを見るのが一番です。

跳びまわったり、他の犬とじゃれあったりしている子犬は、性格も明るく心身も健全といえるでしょう。

落ち着きがあって社交的な子犬が飼いやすい

ポメラニアンはも、ともと警戒心が強いところがありますが、あまりそれが強すぎない方が飼いやすいです。

手をたたいたり、「こっちにおいで」と呼びかけたりした時に、喜んで駆けよってくるようなら、社交的で物怖じしない性格といえるでしょう。

逆に、怖がって反対の方へ逃げていく場合は、恥ずかしがりの性格でといえます。

ポメラニアンを選ぶ際のポイント

目を見ることで健全性が分かります。

イキイキと輝いていることが望ましいです。

目の色が濁っていたり、目やにがでていたり、すぐに白目をむくようなことがないかを確かめましょう。

左右のバランスがよく、内側は薄いピンク色をしているでしょうか。

耳あかで汚れいる、耳の中がくさい、耳をよくかくというのは、NGです。

病気でない場合、鼻は適度に湿っていて、しっとりツヤツヤしています。

鼻水がでている、カサカサして乾いている、呼吸するたびに音がするという場合は、注意しましょう。

健康な時の口の中は、フレッシュなピンク色をしています。

異常に赤かったり、口臭があるよな場合には、健康に問題があることが疑われます。

汚れやフケがなく、はりのある肌でふんわりした毛づやをしているでしょうか。

ベタついていたりカサカサしている場合は、皮膚疾患があるのかもしれません。

足が細くても歩き方が元気で、はずむように駆けているでしょうか。

歩き方のバランスが良くなかったり、歩きたがらない場合は注意しましょう。

おしり

下痢便がなく、きれいな肛門でしょうか。

便で汚れていたり、ベトベトしているのは、感染症にかかって下痢をしているのかもしれません。

しっぽ

しっぽをふりながら近寄ってくるでしょうか。

しっぽを後ろ足の間に下げたり、ピンと立てたまま動かないのは、性格の確認が必要です。

元気にしっぽをふりふりするのが理想です。

反応がしっかりしているか

よく動いて、すやすや眠るのは、ポメラニアンが元気な証拠です。

こちらからの働きかけに対して反応がいい子犬は、安心ができます。

ポメラニアンの後ろや頭の上で音を鳴らしたり、少し離れたところからハンカチなどを振ったりしてみて、聴覚や視覚のテストをしてみましょう。

オスとメスで性質が違う

同じポメラニアンでも、オスとメスでは若干性質が異なるところがあります。

例えば、オスは忠実で、メスは清潔で情が深いという傾向があります。

ポメラニアンを飼う際の参考にしてください。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。