テーマの引き出し

子犬期のポメラニアンの食事と散歩

子犬期の食事

子犬期のポメラニアンの食事の基本は、「徐々に新しいごはんに慣らす」「一度にたくさんの食事を与えない」ということです。

ポメラニアンを飼い始めた頃は、それまでに与えられていた食事の回数や分量をそのまま引き継ぐのが原則です。

ペットショップなどでは、犬といっしよに数日分の食事をつけてくれるのが通例です。

その食事がなくなる頃から、新しいフードを少しずつ混ぜながら切り替えていくようにしましょう。

便の量やゆるさなどを見ながら、新しいフードの割合を増やしていきます。

食事の回数は、生後5~6ヵ月頃までは、1日3回が基本です。

子犬の頃は、まだ消化機能が未発達なので、1回の量を少なくして回数を多くします。

成長して体が大きくなり、胃腸の機能も発達してくるまで、しばらくは1日3回の食事を続けましょう。

パピーフード

子犬期には、栄養価の高い食事が必要です。

健やかな成長のためには、栄養バランスが整っているパピーフードが安心です。

そのまま与えられるレトルトタイプのものや、ぬるま湯や犬用ミルクでやわらかくして与えるドライタイプのものがあります。

ドライタイプのものをやわらかくするときに、人間用のミルクを使うと下痢になりやすいので注意しましょう。

子犬期の食事量

子犬期の食事は、フードのパッケージに記載されている量を目安にしながら、その時の体重に合わせて与えるようにしましょう。

量の判断をするのが難しい時は、毎日の体重を記録しておいて、獣医さんなどに相談するのもいいかもしれません。

便の状態も与える食事量の参考になります。

ティッシュでつまめるくらいが丁度いい状態で、コロコロしていたら量が少なすぎ、やわらかければ量が多すぎます。

ドライフードへの切り替え

生後5~6ヵ月になると、乳歯から永久歯に生え変わりますが、この頃がドライフードへの切り替えの時期になります。

歯の生え変わりを促すという意味からも、1日に1回は固いドライフードを与えるようにしましょう。

また、この頃から、食事の回数を1日2回に減らして、1回の食事量を増やしていくようにするといいでしょう。

ただし、まだ成長段階なので、与えるフードはパピーフードのまま。

アダルトフードを与えるのは、1歳前後からにしましょう。

犬に与えてはいけない食材

犬には与えるのが好ましくない食材がいくつかあります。

エビ、タコなどの甲殻類、貝類、塩分が多いハム類、ぶどうなどは避けるようにしましょう。

また、ネギ、玉ネギ、ニラなどは赤血球破壊で中毒に、チョコレートはカフェインで中毒になる危険性があると言われているので注意が必要です。

台所へは立ち入り禁止

台所は、様々な食材や調味料などが置かれている場所です。

ポメラニアンがそれらを勝手に口に入れると、腹痛などを起こしてしまうかもしれません。

セーフティーゲートやベビーフェンスなどを使って、ポメラニアンが台所に近づけないようにしておくと安心です。

スポンサーリンク

子犬期の散歩

ポメラニアンの子犬期に散歩をさせるのは、運動させるという意味もありますが、世の中のことを分からせるという意味合いもあります。

散歩は、将来のポメラニアンの性格にも影響を及ぼす、大事な社会勉強になるというわけです。

最初のうちは、散歩をしていると、知らない人や犬に合ったり、車などの大きな音を聞いたりして、怖がることがあるかもしれません。

しかし、ポメラニアンの子犬期には、強い好奇心があるので、声をかけたりボディタッチをするなどして安心させてあげれば、すぐに様々な環境に慣れていくでしょう。

外を歩くことの喜びを教えてあげましょう。

散歩する時間は、疲れたり飽きたりしないよう、1回10~15分程度を目安にするといいでしょう。

散歩デビューは、予防接種の2週間後

外の散歩が始められる時期は、2回目の予防接種が終了してから2週間後くらいが目安です。

1回目のワクチンでが終わった段階では、免疫抗体が十分にできていないので、2回目の接種が終わってからにしましょう。

ただ、小型犬のポメラニアンは、それぞれの骨の関節が完全にかみ合うまでに半年程度かかると言われているので、それまでは無理な運動は控えるようにした方がいいでしょう。

短時間の軽い散歩から始める

初めての散歩をするまでに、家でリードに慣れる練習をしておきましょう。

最初のうちは、首に首輪だけをつけておき、慣れてた頃に細いひもをつけて、優しく呼びながら軽くひも引いてみるといいでしょう。

ただ、生後6ヵ月頃までのポメラニアンは、骨がとてももろくて、一生のうちで最も骨折しやすい時期です。

20cmの段差から飛び降りただけで骨折することも少なくないので、しばらくは、外で日光を浴びたり、様々な刺激に触れる程度に止めておくようにしましょう。

子犬の時期は、体力もなくとても疲れやすいので、もう少し遊びたいような感じでも、コンディションを見て早めに散歩を切り上げることも大切です。

同じ時間帯・同じルートでの散歩

散歩には段階が必要です。

いきなり刺激的なことを体験すると、強い恐怖心が残ってしまい、それ以降、散歩をしたがらなくなってしまうこともあります。

散歩中には、いろいろな不意の出来事が起こるものですが、ちょっと工夫することで刺激を最小限に止めてあげましょう。

まずは、外の空気を感じるという意味で、家の前に出るだけ。

家の前で、好きな方向に自由に歩かせてみましょう。

それだけでも、アスファルトの感覚や人の行き来、他の犬との出会いなどを体験することができます。

それに慣れてきたら、家の周辺など、数分で回れるコースを散歩してみましょう。

散歩に慣れるまでは、同じ時間、同じルートの方が、新しい環境に早く慣れやすいです。

散歩を活用したコミュニケーション

散歩では、運動をしたり排泄をしたりして、社会経験を積んでいくことができますが、散歩は、飼い主とポメラニアンとの貴重なコミュニケーションの機会でもあります。

散歩中は、リードを通した一対一の関係になります。

リードは、ポメラニアンにとっては絆のようなもので、見知らぬ環境の中では、命綱の役割も果たしています。

リードは、「飼い主は頼れる人」という信頼を感じさせるためのツールでもあるということです。

最初のうちは、リードを短めに持って、ポメラニアンが飼い主の近くで安心できるようにしておきます。

よく観察し、話しかけ、喜びを感じさせながら、たくさんの交流をしていきましょう。

飼い主と交流する習慣をつけることで、その後のトレーニングもスムーズに進めていくことができるようになります。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。