テーマの引き出し

季節に応じたポメラニアンとの過ごし方

ポメラニアンとの「春(3月~5月)」の過ごし方

ぽかぽかとした陽気の春。

公園で長い時間遊ばせたり、ポメラニアンを連れて遠出をする機会も多くなりますが、感染症にかかるリスクが高まるのもこの時期です。

ポメラニアンには、あらかじめ感染症予防のためにワクチンを接種して、感染のリスクを少なくしておきましょう。

予防接種は、生活スタイルや地域性などによって、3~9種の混合から選ぶのが一般的です。

接種前に、獣医さんに相談して検討するといいです。

ノミ、ダニに要注意

春は、ノミやダニの季節でもあります。

ポメラニアンが散歩から帰ってきたら、ブラッシングをして被毛をチェック。

ポメラニアン用の敷物などは、こまめに干したり取り替えたりするように心がけたいです。

ノミ除け、ダニ除けのグッズや予防薬なども効果を発揮します。

ノミやダニは、目で見て確認することができるので、ポメラニアンがかゆがるようなときには、皮膚や被毛をチェックしてみて、ノミやダニを見つけたらピンセットなどで除去してあげましょう。

ただし、吸血中のダニを無理に離すのは逆効果になるので、吸血が終わるのを待った方がいいでしょう。

また、ノミをつぶすのも、おなかの卵が散乱してしまうのでNGです。

換毛期

ポメラニアンは、早ければ3月頃には換毛期に入ります。

ダブルコートのポメラニアンは、下毛が浮いて抜け毛が増えるので、グルーミングを怠っていると、抜けた毛がたまって通気性が悪くなったり毛玉ができたりして、皮膚病の原因にもなってしまいます。

ブラッシングを毎日して、抜けた毛は取り除いていきましょう。

換毛期は1カ月ほど続きますが、健康で艶やかな夏毛にするためにも、根気よく続けるようにしたいです。

季節の変わり目で体調を崩さないように

春になると、寒さは徐々にゆるんできますが、朝晩はまだ冷え込みます。

風邪を引きやすい時期でもあるので、毛布などはまだしまわずに、いつでも暖を取れるようにしておきましょう。

特に、子犬期やシニア期のポメラニアンは、抵抗力が弱いので、体温調整には十分に気をつけてあげる必要があります。

犬の風邪ともいえる「ケンネルコフ」は、ウィルスや細菌の混合感染で、咳が特徴的な症状ですが、重篤になると合併症を引き起こして死に至ることもある怖い病気です。

最初のうちは元気で食欲もあるので気づきにくいですが、次第に咳がひどくなっていき、発熱して元気がなくなり、食欲もなくなっていきます。

ポメラニアンの咳が長引くようなら、早めに獣医さんに診てもらいましょう。

日中の暖かさをうまく活用する

ポメラニアンの風邪を予防するには、免疫力を高めるのが一番です。

日中の暖かい光を浴びながら、十分に運動をさせて、健康の維持に努めましょう。

運動は、丈夫な足腰や肥満防止に効果があるだけでなく、食欲不振や偏食の改善にもつながります。

シャンプーも、日中の暖かいうちにするようにするといいです。

シャンプーが終わったら、ウェリングとドライヤーでしっかりと乾かしますが、シャンプーの前にブラシでしっかりと被毛をとかしておくことも大切です。

余分な毛や毛玉が残ったままシャンプーをすると、ドライヤーをあててもその部分が乾きにくく、湿っぽさが残ってしまいます。

ポメラニアンのふんわりとした被毛のためにも、シャンプー前のブラッシングは欠かせません。

紫外線が強くなり始める

気持ちいい陽気の春ですが、紫外線が日増しに強くなっていく時期でもあります。

5月に入れば、紫外線も本格化してきます。

ダブルコートのポメラニアンは、紫外線が皮膚まで到達しにくいので、皮膚炎などにもなりにくいと言われていますが、サマーカットをしている場合には注意が必要です。

また、毛の生えていない部分は、直接紫外線の影響を受けますが、特に、目には注意です。

高齢になると、白内障になるポメラニアンが増えますが、紫外線は白内障を誘発するともいわれています。

日差しが強い日に、屋外で長い時間を過ごす場合には、紫外線から目を守る対策をとるようにしましょう。

メスのヒート

メス犬の発情期は、必ずしも季節には関係ありませんが、ポメラニアンのような小型犬の場合は、5~7ヵ月に1回というのが一般的です。

とはいっても、春にヒート(発情)をむかえるポメラニアンは多く、秋に生まれたポメラニアンが初めてヒートをむかえるのもこの時期です。

メスのポメラニアンの場合は、生後6ヵ月を過ぎたらヒートに気をつけ、犬が多く集まる場所には連れて行かない、オス犬からは離しておくなどの配慮をしましょう。

ちなみに、避妊手術をすればヒートはなくなります。

オス犬は、メス犬のヒートに触発されますが、オス犬自身にはヒートはありません。

スポンサーリンク

ポメラニアンとの「夏(6月~8月)」の過ごし方

ポメラニアンにとって、日本の夏はとても厳しい気候条件です。

強い直射日光だけではなく、気温、湿度、地面からの熱などを全体的に捉えた対策をして、暑い夏を乗り切りましょう。

夏は、長期の休暇などもとりやすいので、ポメラニアンと一緒にいろいろなところへ出かける機会も増えますが、「車」は意外と危険な場所になります。

毎年、暑い真夏の車内で、ポメラニアンが熱中症を起こす事故が多発しています。

エンジンを切った車内では、体の小さなポメラニアンは、ほんの5分程度で非常に危険な状態になってしまいます。

夏の湿気対策

梅雨の頃から始まる高い湿気には、注意が必要です。

ポメラニアンのコートは湿気に弱くて、蒸れるとふんわりとはふくらまずに、貧弱なコートになってしまいます。

対策としては、ポメラニアンのダブルコートの上毛と下毛の間の湿気を吹き飛ばすように、ドライヤーをあてます。

ただ、頻繁にドライヤーを使いすぎると、皮膚を傷める原因にもなるので、タイミングと温度には十分な注意が必要です。

また、暑さの軽減のために保冷剤などを使うと、被毛が湿気を含みやすくなるので、後からドライヤーでケアするようにしましょう。

被毛のべたつき

ポメラニアンのシャンプーは、通常なら月1回程度で十分ですが、湿気の多いこの時期には月2回程度行って、清潔を保つようにしたいです。

被毛のべたつきには、皮下脂肪が関係していることもあります。

食事で肉類などの高カロリーのものを多く摂っている場合は、脂肪分の摂取を控えると、皮膚のコンディションが改善することもあります。

甘えん坊でよく抱っこされたり撫でられたりしている場合は、人の手の油分が被毛をべたつかせていることも。

原因はいろいろと考えられますが、いずれにしても、コートを湿らせないように心がけましょう。

短すぎるサマーカット

最近では、夏の暑さ対策として、ポメラニアンのサマーカットが見た目にも可愛いので人気がありますが、注意しなければならない点もあります。

ポメラニアンは、一度毛をカットすると、その後は生え揃いにくい犬種です。

このことを理解して、一年を通して短いスタイルで過ごすのなら問題はありませんが、「秋になってもなかなか毛が生えてこない」と後悔する飼い主が多いのも事実です。

夏の暑さ対策というだけなら、サマーカット以外の対策を考えましょう。

また、サマーカットにはリスクもあります。

ポメラニアンの毛を短くすることによって、皮膚の防護機能が低下して、皮膚が紫外線や地面から放射熱の影響を受けやすくなります。

カットする場合でも、程よい長さにカットするようにしたいです。

温度管理

暑い夏の散歩は、強い日射しだけではなく、地面からの放射熱のことを考慮する必要があります。

ポメラニアンは、人よりも地面に近い位置を移動するので、地面からの放射熱の影響を強く受けることになります。

真夏には、早朝でも気温が30℃を超える日もあり、日が沈んでからもしばらくは地面の余熱が残っています。

ポメラニアンと散歩をする前には、地面を手で触ってみて、地面の熱を確認してみましょう。

真夏の散歩は、夜や明け方がベストタイムといえますが、水浴びやシャワーの後の濡れた状態では出かけないようにする方がいいです。

ポメラニアンの体に残っている水分の温度が上昇して、サウナに入っているような状態になり、のぼせてしまうことがあるからです。

また、室内では冷たい空気は下にたまるので、ポメラニアンは、人よりも低く室温を感じているといわれています。

エアコンの温度調整は、あまり低くなり過ぎないように気をつけましょう。

体力を維持して病気を予防

暑い夏には体力も低下し、ポメラニアンも病気にかかりやすくなります。

食事や運動をしっかりと管理して、体の小さなポメラニアンが衰弱しないようにしてあげましょう。

食欲がなくなってきたら、ササミなどの肉類を少しトッピングすれば食べやすくなります。

6月の梅雨の時期は、「皮膚病」にかかりやすい時期でもあります。

抜け毛や汚れ、脂肪分が残ったままだと、カビや菌が繁殖して皮膚のトラブルの原因になってしまいます。

ブラッシングでこまめに抜け毛を取り除いて、被毛がべたつくまえにシャンプーをするなどして、被毛や皮膚を清潔に保つようにしましょう。

暑い夏には、十分な「水分補給」が必須です。

ただし、ポメラニアンに水を飲ませすぎると、下痢、嘔吐、胃炎を起こすことがあるので、飲水量はきちんとチェック。

また、開封したフードや食べ残したものは早めに処理して、「食中毒」を防止しましょう。

夏は、各種の「寄生虫」や「フィラリア」の媒体の蚊が増える季節でもあります。

特に、子犬の頃のポメラニアンは、害虫の寄生や感染症で、あっという間に衰弱してしまいます。

フィラリア症には予防薬もありますが、感染の媒体となる蚊を防ぐことが一番の予防なるので、防蚊対策を心がけましょう。

熱中症

特に、高温多湿の日本の夏で注意しないといけないのが「熱中症」です。

熱中症は、日射しの強い屋外だけでなく、室内でも起こり、症状はあっという間に進んで行きます。

熱中症は、飼い主が注意していれば防ぐことができる病気なので、ポメラニアンの様子をよく確認し、異変があれば早期に対応しましょう。

ポメラニアンに熱中症の症状が見られても、慌てずに対応することが大切です。

次のような症状が見られたら「熱中症の疑い」があるので、早めの対応を心がけましょう。
・ぐったりして元気がない。
・呼吸が荒い。
・大量によだれがでる。
・体が熱い。

次のような症状が見られたら「危険な状態」です。
・体温が40℃以上ある。
・目や口が赤く充血している。
・下痢やおう吐がある。
・反応が鈍い。

次のような症状が見られたら「命に関わる重篤な状態」です。
・けいれん発作
・下血、吐血
・チアノーゼ
・意識がない

ポメラニアンに熱中症の症状が見られた時に、現場で「飼い主がすべきこと」は、次の3つです。
・涼しい場所へ移動させる。
・体を冷やす。
・水分を補給する。

焦ってしまってどうしていいか分からない場合は、かかりつけの動物病院などに連絡をしましょう。

適切な処置を指示してもらうことで、適切な処置ができることもあります。

いずれにしても、慌ててしまうと正しい判断ができなくなるので、落ち着いて対応するように心がけましょう。

スポンサーリンク

ポメラニアンとの「秋(9月~11月)」の過ごし方

暑さも和らいでくる秋には、ポメラニアンの食欲も増していきます。

夏に消耗した体力の回復、冬に向けてのエネルギーの蓄積などで、どんどん食欲が増していきます。

ポメラニアンは食が細いことが多いので、たくさん食べるようになると、飼い主も嬉しくなってどんどんと食べ物を与える傾向があります。

しかし、食べ過ぎによる肥満にはくれぐれも注意しましょう。

太りすぎると、心臓に負担がかかったり、足がO脚やX脚になったりと、マイナス面がたくさんあります。

こまめに体重を測るなどして、適正な体重を保って健康の維持に努めましょう。

被毛の冬支度

寒さが進んで行くと、ポメラニアンの毛量も増えていき、美しいコートが全盛に向かっていきます。

秋口の早い時期から暖房器具などを使って部屋を暖めていると、毛がしっかりと増えなくなってしまいます。

ポメラニアンは、北極地方をルーツとする、寒さに対しては強い犬種なので、できるだけ自然な温度の中で過ごして冬毛を蓄えるようにしましょう。

しかし、子犬(特に生後30日までの子犬)は、寒い環境はNGなので、暖房器具が必要になります。

生後6ヵ月を過ぎたポメラニアンは、秋になると新しい毛がどんどん生えてくるので、毛玉ができないように、こまめにブラッシングするようにしましょう。

夏の強い日差しで被毛がダメージを受けている場合には、スムーズに毛をとかすことができないこともありますが、無理にとかそうとせず、被毛をほぐしやすくするスプレーなどを使うのがおすすめです。

シャンプーの際にしっかりとトリートメントをすることも、スムーズなブラッシングの助けになります。

秋の9月頃は、空気も爽やかになっていきますが、室内は湿気がこもりやすい状態が続いているので、引き続き、被毛の湿気対策を怠らないようにしましょう。

晴れた日には、ベッドや敷物のほか、サークルも丸ごと外で日干しをして、湿気をとるようにするといいです。

この時期の丁寧な被毛のケアが、ポメラニアンの美しい冬毛の実現につながります。

疲れの出やすい秋口には、バランスの良い食事と運動

秋口になると、厳しい暑さはなくなりますが、夏の疲れが出やすくなります。

食欲の不振、活動の低下、体重の減少など、夏バテのような状態が見られることもよくあります。

そんな時には、ポメラニアンのペースに合わせて、食事量を減らすのもOKです。

食欲をそそるトッピングなどを工夫して、栄養バランスを確保しましょう。

この時期のトッピングには、スタミナ回復という点からも、良質のタンパク質を多く含む「肉」がおすすめです。

秋とはいっても、日中はまだまだ暑い日もあるので、散歩は朝夕の涼しい時間帯にするようにしましょう。

気候が良くなってきても、一気に運動量を増やすことのないように。

夏の運動不足を少しずつ解消していくつもりで、徐々に運動量を増やしていきます。

そして、秋も本格化する10月頃になれば、ポメラニアンの大好きな遊びをおもいっきり楽しみましょう。

肌の保湿と皮膚トラブルの予防

残暑が落ち着いてくると、次第に空気が乾燥するようになり、ポメラニアンの皮膚も乾燥してカサカサしやすくなります。

ポメラニアンの皮膚は被毛に覆われているので、肌が乾燥しているかどうかは、よく観察しないと分かりにくいですが、

・被毛が乾燥してパサパサする
・フケのようなものがでる
・かゆがって体を掻いたり舐めたりする

というようなことがあれば、それは「乾燥肌のサイン」だといえます。

ポメラニアンの皮膚は、人の3~5倍も薄くてとてもデリケートなので、ちょっとした乾燥でも皮膚にトラブルを起こしやすいです。

乾燥肌になる大きな原因には、部屋の暖房が挙げられます。

ポメラニアンは、真冬でも暖房を必要としないくらい寒さには強いですが、家で全く暖房をしないというわけにもいきません。

生活に支障のない範囲で暖房を控えたり、乾燥した暖かい部屋と乾燥していない涼しい廊下を自由に行き来できるようにしたり、加湿器を併用したりして、ポメラニアンが乾燥した部屋にずっといることのないようにすることが、乾燥肌を予防する保湿対策になります。

状況に応じた肌の保湿対策

積極的な「保湿対策」としては、

・薬用保湿シャンプー、トリートメントを使う
・保湿効果のある入浴剤を使って沐浴する
・肌の保湿効果のあるモイスチャースプレーを使う
・脂肪分の多い食材を使う
・フードにオイルを加える

など、いろいろと挙げることができます。

皮膚トラブルの原因には様々なものがあり、病気の症状である可能性もあるので、自己判断での保湿対策はリスクを伴います。

まずは、皮膚の状態を獣医さんに確認してもらいましょう。

もし、皮膚病などがあれば、服薬や食事療法などで早期に治療する必要があります。

いずれにしても、乾燥肌は、ポメラニアンの皮膚トラブルの元凶です。

かゆがって肌を掻きむしったり脱毛したりしてしまう前に、肌の不調に適切に対処して、皮膚のコンディションを良い状態に保つようにしてあげましょう。

スポンサーリンク

ポメラニアンとの「冬(12月~2月)」の過ごし方

12月の後半から正月頃にかけては、飼い主がご馳走を食べる機会が増えるので、ポメラニアンも普段は食べないような美味しい食べ物をたくさん口にする機会が多くなります。

肥満だけではなく、消化不良や胃炎などを起こすポメラニアンも少なくありません。

おせち料理のように、塩分や砂糖をたくさん含んだ食べ物は、ポメラニアンにとって良い食べ物とはいえません。

ポメラニアン自身は、美味しいものがたくさん食べられて大喜びするかもしれませんが、後々のポメラニアンの体が心配です。

飼い主はごちそうを食べていても、ポメラニアンにはいつも通りの食事を与えるようにしたいです。

ポメラニアンに防寒ウェアは必要なし

冬の防寒対策で、ポメラニアンに服を着せる飼い主もいますが、寒い地域出身のポメラニアンは、ダブルコートの長毛種です。

寒さにはとても強いので、服を着せられると、逆に暑がってしまったり蒸れを感じてしまったりすることもあります。

さらには、ポメラニアンのふわふわのコートが服で押しつぶされてしまうことも。

ペットカットの短い毛のポメラニアンには服もいいかもしれませんが、フルコートのポメラニアンには服は不要といえます。

静電気

寒い冬の時期に、ポメラニアンに服を着せることの弊害に、静電気を挙げることができます。

空気が乾燥している冬場は、ポメラニアンの皮膚や被毛も乾燥ぎみになっていますが、そこに服がこすれると、摩擦で静電気が起こりやすくなります。

静電気の強さは、素材の組み合わせに左右されますが、ポメラニアンの被毛とフリース素材などの化学繊維との組み合わせは要注意です。

静電気は、被毛を傷めて、切れ毛、毛玉、フケなどの原因にもなります。

被毛が乾燥していると、地面に落ちているゴミやほこりなどもくっつきやすくなるので、こまめにブラッシングをして被毛に付着したものを落とすようにしましょう。

ブラッシングの際にも静電気が起こるようなら、静電気防止スプレーなどを使えば、ブラシの通りもスムーズになり、被毛を傷めることも少なくなります。

寒さそのものよりも寒暖の差に注意

ポメラニアンは寒さにはとても強くて、雪の中でも平気で走り回ることができます。

健康な成犬のポメラニアンであれば、冬場でも特別な防寒対策は必要ありません。

「寒さ」そのものよりも、室内と屋外の寒暖の差の方が、体の小さなポメラニアンには負担が大きくなります。

散歩は、できるだけ日中の暖かい時間に行うようにして、散歩に出かける際には、比較的気温の低い玄関や廊下でしばらく過ごして、体を寒さに慣らしてから出かけるようにするといいです。

ポメラニアンは、犬の中でも比較的心臓が弱い傾向にあるので、子犬や高齢のポメラニアンは、特に寒暖の差に気をつけてあげて、体への負担を軽くしてあげましょう。

暖房器具でのやけどに注意

冬場に注意したいのが、暖房器具によるやけどです。

ポメラニアンが暖房器具の近くで長く過ごしていると、低温やけどを起こすことがあります。

ポメラニアンの体を触ってみて、熱くなり過ぎているようなら、暖房器具を切るか、その場から離すようにしましょう。

こたつ、ホットカーペット、湯たんぽ、パネルヒーターなどは、特に注意が必要です。

暖房器具を厚手の布でくるんだり、使用時間を短くしたりするような工夫をするといいです。

低温やけどは、すぐには症状が現れません。

数日経ってから皮膚の色が少し赤紫色に変わって気づくことが多いですが、一般的なやけどと違って、皮膚のただれや水ぶくれなどは見られません。

一般的なやけどよりも患部が深く、皮下脂肪まで達していることもあります。

放置していると、炎症がひどくなったり、患部が壊死することもあるので、早めに獣医さんに診てもらいましょう。

長毛種のポメラニアンは、暖房器具に近づきすぎて、被毛が燃えてしまうことも少なくないので、サークルなどをうまく活用して、暖房器具による事故が起こらないような環境にしておきましょう。

適度な室温と湿度で豊かなコートに

冬は、ポメラニアンのコートが最も美しい時期です。

気温が低いほど毛ぶきがよくなりますが、毎日暖かすぎる室内で過ごしていると、冬毛が十分に生えなかったり、生えてきた冬毛が早々に落ちてしまって、豊なコートに至らないこともあります。

コートのコンディションを考えると、温度の高い室内で長い時間を過ごさせるのは避けた方が良さそうです。

閉め切った部屋で暖房をしていると、空気はどんどん乾燥していきますが、これは、ポメラニアンのふわふわコートには大敵です。

加湿器を使ったり、濡れたタオルを室内に干すなどの対策を取るようにしましょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。