テーマの引き出し

バツイチ子持ち女性の生活と葛藤

昼間は子供を保育園に預けて、正社員やパートとして会社勤めをし、子供を寝かしつけてから、夜の仕事をする。

そんなバツイチ子持ち女性が、結構います。

働く時間が長いバツイチ子持ち女性

確かに、一人で子供を育てて行くのは、大変なことです。

しかし、休みなく働いて身体を壊してしまうと、収入を増やすために行っているはずが、逆に、治療費などで支出を増やしてしまうことにもなりかねません。

「子供が小さいうちが、お金を貯めやすい」とよくいわれます。

仕事を頑張れば、それでけ収入も増え、貯蓄に回すことができる金額も多くなるでしょう。

一方で、幼い子供は、母親とは、できるだけ長く一緒にいたいと思っています。

当然のことですが、長い時間働いていれば、収入は増えますが、子供と過ごす時間は減ってしまいます。

子供とはできるだけ長く一緒にいてあげたい、でも、長い時間働かなくては生活していけない。

多くのバツイチ子持ち女性が抱えているジレンマですが、少しでも時間を見つけて、子供と一緒にいるようにしてあげたいです。

過ぎてしまった時間は、決して取り戻すことはできないのですから。

バツイチ子持ち女性は分身が欲しくなる

バツイチ子持ち女性は、一人で仕事をし、家事をし、恋愛をし、子供の面倒をみるのですから、1日24時間では、時間が足りません。

何かを優先すれば、できないことが出てきてしまいます。

バツイチ子持ち女性は、何かを犠牲にして生活していかなければならいのでしょうか。

決して、そんなことはありません。

バツイチ子持ち女性は「自分がやらなくては!」という気持ちが強いので、全てのことを、全力でやりきろうとすることが多いですが、その力を加減して、力を全て出し切らずに、多くのことを行えばいいのです。

全てが完璧である必要はないのです。

「午前中にできるところまで、家の事をして、午後からは子供と一緒に出かけよう」
「今日は一日、子供といっしょ楽しく過ごして、来週は、子供を実家に預けて、一人で過ごそう」

少し肩の力を抜けば、気分も楽になり、より充実した生活を送ることが可能になります。

それでも、バツイチ子持ち女性の多くは「もう一人自分がいれば・・・」と、心の中で思っているでしょうが。

スポンサーリンク

バツイチ子持ち女性の仕事探し

離婚をして子供との新しい生活を始めるにあたり、働くことは必須です。

いつまでも無職のままでは、生活していくことができません。

ただ、現状では、子供のいるバツイチ女性が仕事を探すのは、そんなに簡単なことではありません。

バツイチ子持ち女性が、仕事を探す上で、重要視する点は、次のようなことです。

・保育園や幼稚園の送り迎えに間に合う時間帯の仕事がしたい。
・子供に何かあった時にすぐに帰れるように、近い場所で働きたい。
・生活に困らない程度の給料をもらいたい。
・遅刻や早退など、勤務時間に融通がきく職場で働きたい。

「子供のいない人に負けないくらいの仕事をしたい」という気持ちはあっても、やはり、仕事を探す時には、子供のことを考えてしまいます。

今は、子供がいなくても、仕事を探すのに苦労する時代です。

バツイチ子持ち女性にとって、仕事を探すということは、苦労の連続です。

他人を羨むバツイチ女性

バツイチになった女性が、まだ彼氏がいない時期に、街で見かけたカップルを見て、こんなことを言っていのを聞くことがあります。

「あの女の人に彼氏がいるのに、どうして私には彼氏ができないのだろう。」

その答えは、簡単です。

人には好みがあるからです。

たまたま、その男性の好みが、その隣にいる女性だったというだけのことです。

人の幸せを羨むバツイチ女性は、多いです。

それは、一度自分が幸せになり損なっているからなのでしょう。

しかし、人のことばかり気にしていても、仕方がありません。

前を見て生きて行くために、自分の内面を磨きましょう。自分の外見を磨きましょう。

そんなあなたを素敵だと思ってくれる人が、きっと現れるはずです。

そんな相手と巡り合えた時、次の幸せが始まっていきます。

バツイチ女性の内面磨き・外見磨き

「内面磨き」の方法の一つに「資格取得」があります。

バツイチの女性は、今まで専業主婦をしていて、働いていなかった人も多くいます。

そんな人は、資格を取得することを考えてみましょう。

資格を取ることで、自分に自信を持つことができます。

自分に自信が持てれば、仕事や恋愛にも前向きに進んでいけるようになります。

すでに職に就いている人なら、資格取得が、自分のスキルアップに繋がります。

職場で自信を持って行動することで、社内や外部の男性から注目される機会も多くなり、恋愛に発展する可能性も高くなります。

「外見磨き」といえば「メイクやファッション」が思い浮かびます。

最近では、高いお金を支払わなくても、オシャレが楽しめるようになっています。

暗い表情をしていたり、地味な服装をしていては、良い運気も逃げて行ってしまいます。

自力で素敵な恋愛を引き寄せる、そんな思いもとても大切です。

「内面磨き」も「外見磨き」も、自分の意識次第です。

バツイチ女性も、自分をしっかりと磨いて、次の恋愛に備えておきましょう。

バツイチ女性の離婚の教訓

女性は、結婚相手に、父親に似た人を選ぶとよくいわれます。

一番近くにいる男性を基準にして、無意識に選んでいるというのです。

バツイチ女性は、離婚後に選ぶ恋愛相手が、前夫と似ているということがあります。

これは、父親に似た人を選ぶように、直前まで寝食を共にしてきた相手を、無意識のうちに意識してしまっているということです。

しかし、父親を意識するのと、前夫を意識するのとでは、意味合いが全然違います。

前夫は、多くのバツイチ女性にとっては「失敗例」です。

離婚する時には、「次は同じ思いをしたくない。」と思っているはずです。

にもかかわらず、前夫に似た人を選んでしまうというのは、自分がその離婚で学んでことを活かせていないということになります。

過去と同じ間違いを繰り返さないためにも、次の恋愛相手を選ぶ時には、慎重にならなければいけません。

時には、人の意見に耳を傾けてみるのも一つの方法です。

新しい恋愛相手は、前夫に似たところはないでしょうか。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。