いろいろなテーマ

砂糖が直接的に太る原因にはならない?砂糖がダイエットの味方に?

「砂糖を食べると太る」とよくいわれますが、これは本当なのでしょうか。

砂糖のカロリー

「砂糖のカロリーは、1グラム当たり約4キロカロリー」といわれています。

コーヒーを飲むときのシュガースティックは、1本4グラム前後のものが多いので、16キロカロリー程度ということになります。

茶碗一杯のごはんが、約160キロカロリーといわれているので、「茶碗一杯分のごはんのカロリー = シュガースティック10本分」ということになり、砂糖が、特にカロリーが高い食材ということではないようです。

カロリーが高いというよりも、どちらかといえば、砂糖は、カロリーが低い部類に入るといわれることもあります。

一日に、シュガースティックを10本も使えば、太るのは当たり前と思われるかもしれませんが、一日に、茶碗1杯のごはんしか食べないというと、逆に痩せてしまうと感じかもしれません。

同じカロリーを摂取していても、「ごはん一杯」と「シュガースティック10本」とでは、「太る」ということに対しての感じ方が真逆になることもあります。

スポンサーリンク

砂糖は太りやすいというイメージ

カロリーを多く摂取し過ぎると、摂り過ぎた分が皮下脂肪として蓄えられ、太る原因になるというのは確かなことのようですが、それは、砂糖を食べても他の食べ物を食べても同じことです。

また、「砂糖は皮下脂肪になりやすい」ともいわれますが、これは、全く根拠のないことだといわれています。

砂糖を食べると、「ブドウ糖」「果糖」に分解されますが、これらがダイレクトに脂肪になることはないからです。

砂糖を食べることで、結果的に脂肪が増えるということは事実ですが、それは、他の食べ物でも同様で、砂糖が、特にこの作用が強いというわけではないといいます。

さらに、「砂糖を食べると代謝が低くなる」というようなこともいわれますが、そういうことも確認できないといわれています。

砂糖は太りやすいというイメージが強すぎるのかもしれません。

「甘い物」が太る原因に

砂糖自体は、それほどカロリーが高いわけではありませんが、洋菓子などの「甘い物」は、太る原因になりやすいといわれます。

洋菓子では、砂糖のほかにバターや生クリームなどが使われることが多いですが、これらが、カロリーを大きく跳ね上げる要因になっているからです。

バターは、100グラムで約740キロカロリー、生クリームは、100グラムで約430キロカロリーあるといわれています。

油脂自体のカロリーは、1グラムで約9キロカロリーで、糖質やタンパク質の二倍以上あります。

摂りすぎたカロリーは、代謝しきれずにエネルギーとして余ってしまい、体脂肪として蓄積されてしまいます。

甘い物が、太る大きな原因になるのは、砂糖そのものというよりも、甘い物に含まれているバターや生クリームなどの高カロリー材料といった方がいいのかもしれません。

砂糖を痩せるための味方に

「痩せるためには、砂糖は、むしろ少量を積極的に食べるべきだ」と唱える人もいます。

その理由は、ブドウ糖には「満腹中枢」を刺激する働きがあるからです。

砂糖を食べて血糖値が上昇すると、満腹中枢が刺激されて、体が「お腹が一杯になった」と錯覚を起こし、低カロリーの摂取で食事量を減らしやすくなるというわけです。

上手に使えば、砂糖は、ダイエット食品として使えるのかもしれません。

実際、お腹が空いた時に、チョコレートを一粒食べれば、空腹感が紛れるということもあります。

プロのモデルさんは、チョコレートや飴を上手く摂ることで、食事の量を減らしている人も少なくないといいます。

ダイエットする際には、「砂糖は敵」と考えるのではなく、「砂糖は味方」と考えて、上手に使うことを考えるのが得策となりそうです。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする