いろいろなテーマ

女性に多い偏頭痛/子供の頃に見られる特徴

現在、頭痛の診断基準は、100種類以上に細かく分類されているといわれています。

頭痛は単なる症状というわけではなく、れっきとした病気だということができそうです。

一時性頭痛と二次性頭痛

頭痛を大きく分けると、「一時性頭痛」と「二次性頭痛」に分けることができるといわれます。

「一時性頭痛」は、頭痛自体が治療の対象となるもので、検査をしても病変が見つかることはありません。

偏頭痛のような慢性の頭痛は、この一時性頭痛に分類されていて、正しい対処をすれば、命に関わるようなことは、まずないといわれます。

一方の「二次性頭痛」は、何らかの病気が原因になって症状として現れる頭痛です。

二次性頭痛は、命に関わるような重大な病気が原因になっている場合もあります。

自分の頭痛が、一時性頭痛なのか二次性頭痛なのかは、病院で診察を受けてみないと、判断することは難しいです。

頭痛が1週間以上も続くようなら、何らかの治療が必要な状態なのかもしれません。

頭痛が続いても「そのうちに治るだろう」と軽く考えていると、取り返しのつかないことになってしまうこともあるので、早めに病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

女性に多い偏頭痛

偏頭痛は、こめかみの付近がズキンズキンと痛む頭痛です。

月経の前後や排卵期によく起こる頭痛は、偏頭痛の可能性が高いと考えられています。

女性は、卵巣から分泌される女性ホルモンの影響を強く受けるといわれますが、なかでも卵胞ホルモンの「エストロゲン」は、偏頭痛と深い関わりがあるとされています。

偏頭痛は、脳の血管が広がってしまい、脳の血管の周りの三叉神経が圧迫されて起こるといわれていますが、これには、脳内物質のセロトニンが関係しているといわれています。

エストロゲンの分泌量が変動すると、血管内に放出されるセロトニンの量も不安定になるので、偏頭痛を起こしやすくなるというのです。

このため、女性は、偏頭痛が起こりやすいといわれています。

偏頭痛体質の人は、子供の頃から特徴が見られる

偏頭痛は、セロトニンの増減が大きな原因になっていますが、その時、脳は大変な興奮状態にあるといわれています。

刺激を受けると、脳の特定の部分が敏感に反応し、その部分的な興奮が脳の広い範囲に広がっていきますが、ある一定の限度を超えたときに偏頭痛の痛みとして現れるといわれます。

脳の興奮性が高いと、偏頭痛を起こしやすくなるともいわれますが、この脳の興奮性の高さは、子供の頃に際立った特徴が見られるといわれています。

子供の頃に、

・よく腹痛を起こす。
・緊張が解けてホッとした時に吐くことがある。
・乗り物酔いしやすい。
・めまいを感じやすい。

などの症状が見られる場合には、その人の脳の興奮性が高いことを表しているといわれています。

子供の頃に、このような特徴が見られる場合は、偏頭痛を起こしやすい体質なのかもしれません。

生活を工夫することで、偏頭痛を予防・改善する

偏頭痛をはじめとする慢性的な頭痛は、生活を工夫することで、頭痛の予防や改善につなげることができるといわれています。

偏頭痛は「変化に敏感な頭痛」「変化に弱い頭痛」なので、極端に変化が大きい生活を避けるようにすることで、ある程度予防することができるといわれます。

とはいっても、生活のリズムが乱れることはよくあることですし、女性は月経を避けることはできません。

生活上の工夫としては、脳の血管の拡張につながるような「強いストレスからの開放」「寝すぎ」「空腹」などの危険因子や、脳の興奮を高めるような「光」「音」「におい」などの危険因子を遠ざけるようにすることが、偏頭痛の予防・改善につながるといわれています。

複数の危険因子が重なることで、偏頭痛が起きる可能性が、格段に高くなるともいわれているので、少しでも危険要因を遠ざけることが大切になります。

年齢とともに変化する偏頭痛

偏頭痛は、年齢とともに、その現れ方が変化していくといわれています。

小児期

偏頭痛は、遺伝的な要素が大きいとされていますが、母親が偏頭痛体質だと、その子供の70%以上が偏頭痛体質だといわれています。

小児期には、偏頭痛というよりも、腹痛、めまい、嘔吐、乗り物酔いというような症状が現れやすいといわれます。

思春期

脳の興奮性の高さが、偏頭痛となって現れ始める時期です。

特に、女子の場合は、初潮を迎える頃から偏頭痛が起こることが多くなるといわれています。

青年期、壮年期

脳の興奮性の高さが、本格的な偏頭痛として現れるようになってきます。

こめかみ付近に、ズキンズキンと脈打つような偏頭痛が起こるようになるといわれます。

偏頭痛の男女比では、男:女 ≒ 1:4 と、圧倒的に女性の方が多いといわれています。

また、30代の女性では、約2割の人が偏頭痛の症状があるともいわれています。

更年期以降

更年期を過ぎると、次第に偏頭痛は起こりにくくなっていきますが、その一方で、耳鳴り、めまい、不眠、イライラ感に悩まされることが多くなるといわれます。

偏頭痛の症状がみられる場合もありますが、はっきりとした発作というような現れ方ではなく、ダラダラと続く慢性的な頭痛として現れることが多いといわれます。

まとめ

偏頭痛は、男性よりも女性に起こることが多く、その現れ方も年齢によって変化していきます。

偏頭痛は、脳の興奮を高めるような光、音、においなどを遠ざけたり、脳の血管の拡張につながる寝すぎや空腹を避けるようにするなど、普段の生活の仕方を工夫することで、ある程度予防することも可能になります。

それぞれの年代の偏頭痛の特徴をよく理解しておいて、うまく対処するようにしたいですね。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする