いろいろなテーマ

偏頭痛の特徴と起こる前の兆候/その時の対処は?

偏頭痛は、慢性的に起こる頭痛の代表格といえます。

日本で偏頭痛に悩まされている人は約840万人もといるといわれていて、思春期から中高年に至るまで、幅広い年代の人が悩まされているといわれています。

偏頭痛の現れ方・頻度

偏頭痛は、こめかみの付近がズキンズキンと心臓の鼓動に合わせるようにして痛む、発作性の頭痛です。

頭の片側にだけ痛みが起こることが一般的ですが、両側が痛むこともあるといわれます。

偏頭痛が起こっている最中に、体を動かして頭の位置が変わると、痛みが強くなるのも特徴の一つとされます。

1ヶ月に1~2回程度の頻度で起こることが多いといわれますが、人によっては、1週間に1~2回起こることもあるといいます。

一旦偏頭痛が起こると、4時間~数日痛みが続くということがほとんどだといわれます。

偏頭痛が起こる原因には、脳内物質のセロトニンが関係しているといわれていて、セロトニンの分泌の増減に伴って脳の血管が広がり、周りの神経を刺激することによって偏頭痛が起こるとされています。

スポンサーリンク

痛み以外の症状

偏頭痛が起こると、音、光、においなどに敏感になって、騒がしい場所や明るい場所では、痛みが増すこともあるといわれます。

偏頭痛を起こしている時には、皮膚の感覚が過敏な状態(アロディニア)になり、痛みのために洗髪や整髪ができなかったり、腕時計や下着など、肌に触れるものを着けるのが不快に感じたりすることもあります。

偏頭痛が起こっている最中には、吐き気を感じたりおう吐したりすることもあるので、日常生活や社会生活に支障をきたすことも少なくないといわれます。

予兆としては、偏頭痛が起こる数時間~数日前から、生あくび、空腹感、首や肩のこりなどの症状が見られることが多いといわれています。

また、痛みが起こる直前には、目の前がチカチカしたり、ギザギザしたものが見えたりすることもありますが、これは、脳の視覚を司る部分の興奮が高まることで生じるもので、「閃輝暗点(せんきあんてん)」と呼ばれていて、脳の興奮性が高い人に現れやすい症状だといわれます。

偏頭痛の誘発

脳の感覚が敏感な人は、偏頭痛を起こしやすいといわれます。

ちょっとした刺激や変化を敏感に感じとり、必要以上に脳の興奮を高めてしまうことによって、痛みの症状として現れるからです。

偏頭痛の本質は、脳の興奮性の高さにあるといってもいいのかもしれません。

脳に異常な興奮をもたらす要因となるのが、音、光、におい、気温の変化、気圧の変化などだといわれます。

これらは、偏頭痛を誘発するだけではなく、痛みの最中には、痛みを悪化させる要因にもなるとされています。

これらの要因のほかにも、睡眠不足、疲れ、ホルモンの変動などの体調の変化も、偏頭痛を誘発する要因になるといわれています。

体の内部で生じている変化そのものが刺激になって、偏頭痛を誘発することもあるというわけです。

特に、女性ホルモンが変動する月経前後や排卵日には、偏頭痛が起こりやすくなるといわれています。

偏頭痛を起こしやすいタイプ

偏頭痛は、脳の異常な興奮が痛みとなって現れるので、偏頭痛を起こしやすい人は、脳が興奮しやすいタイプの人だといえます。

脳が興奮しやすいということは、脳の働きがとても活発ということで、様々な場面でちょっとした変化でも敏感に感じとることができるということです。

言い換えれば、頭の回転が速いということなので、偏頭痛のある人は、才能に恵まれた人が多いともいわれています。

脳の興奮性の高さは、生来の体質に左右されるので、子供の頃から特徴的な行動や性格が見られることが多くあります。

・発熱した時に、けいれんを起こしやすい。
・乗り物に酔いやすい。
・周期的におう吐を繰り返す。
・季節の変わり目に体調が悪くなる。
・落ち着きがない。
・人混みを嫌う。

これらは、子供の頃に現れやすい偏頭痛体質のサインだといわれています。

偏頭痛の兆候

偏頭痛が起こる前には、体に変調が起こりやすくなるといわれています。

肩こり、あくび、空腹感などがよく見られる症状ですが、これらの症状は、偏頭痛が起こる数時間前~数日前に現れるといわれています。

偏頭痛が起こる直前には、目の前がチカチカすることもあります。

女性の場合は、月経前後や排卵日が要注意とされます。

偏頭痛の兆候をしっかりキャッチして、適切な対処をすれば、痛みをコントロールすることも可能になります。

肩こり

偏頭痛が起こる数時間前から、肩こりがすることがよくあります。

偏頭痛の初期段階では、頭や顔の感覚異常が現れやすくなりますが、肩こりもそのうちの一つの症状として現れることが少なくありません。

あくび

生あくびを連発するようになったら、偏頭痛の危険信号だといわれます。

偏頭痛では、血管が拡張することが原因になって痛みが生じますが、偏頭痛が起こる前には、一旦血管が収縮して血流が悪くなる状態になるといわれています。

そのため、酸素が不足して、あくびが出るというわけです。

生あくびが続く時には、カフェインを含むコーヒーや紅茶などを飲めば、血管の拡張が抑えられて偏頭痛を防げることもあります。

空腹感

偏頭痛が起こる数時間前には、空腹感を感じることもよくあるといわれます。

空腹感を感じる時には、血液中の糖分が減少していて、脳の血管が緩む寸前の状態になっているのかもしれません。

こんな時には、飴をなめるなどして糖分を補給すれば、脳の血管が収縮して偏頭痛を回避できる可能性もあります。

飴などは、いつでもなめられるように、常に携帯するようにするのがいいかもしれまん。

むくみ

偏頭痛が起こる前には、排尿の回数が減少することが多いといわれるので、体に余分な水分がたまって、全体的にむくんだ状態になりやすくなるといわれます。

むくみが、脳の血管にまで及ぶと、偏頭痛を起こす可能性がでてきます。

トイレの回数が減って、むくみを感じるようになったら、偏頭痛の兆候かもしれません。

視覚異常

偏頭痛が起こる直前には、目の前がチカチカするといった視覚異常が起こることもあるといわれます。

これは、脳の視覚野の血管が、一時的に収縮して血液の量が少なくなることで生じる症状です。

この時に、その後に起こる血管の拡張を抑えるために、カフェインを摂取することで、偏頭痛を抑えられることもあります。

感覚異常

偏頭痛の痛みが軽いうちは、髪に触ると頭皮に違和感を感じたり、風が当たると顔に痛みを感じたり、また、痛みが強くなると、手がしびれたりするということもあります。

偏頭痛の痛みが軽い時に現れる症状をよく把握しておいて、その段階で対処するようにしましょう。

痛みが強くなってから、鎮痛剤などを服用しても、ほとんど効果は期待できないといわれています。

月経前後、排卵日

偏頭痛は、女性ホルモンのエストロゲンと密接な関係があるとされています。

月経の前後や排卵期には、エストロゲンが急激に変動して分泌されますが、それを脳が敏感に感じとって偏頭痛を起こしてしまうというわけです。

妊娠中には、偏頭痛が起こりにくくなりますが、これは女性ホルモンの変動が抑えられるためだといわれています。

月経周期に関連して起こる可能性がある偏頭痛ですが、自分の体のリズムを把握していれば、予想もしやすいので対応しやすいともいえます。

偏頭痛が起こるタイミングをしっかりと見極めて対処するようにしたいです。

まとめ

偏頭痛の強い痛みが、急に襲ってくるということは、ほとんどないといわれています。

偏頭痛が起こる前には、ほとんどの場合、何らかの兆候が見られるといわれているので、そのサインを見逃さないようにして、早めに対応することを心がけたいですね。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする