いろいろなテーマ

花粉症と風邪の見分け方は?/受診するのは耳鼻科それとも内科?

今や、国民病ともいわれている「花粉症」。

花粉症の人は、毎年花粉が飛ぶ季節になると憂鬱な気分になりますが、初めて症状が出た人は、最初は花粉症だとは気付かないことも多いようです。

花粉症の症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど、風邪の症状とよく似ているので、それらを風邪の症状だと思い込んでしまって、後になってから「花粉症だった」と気付くことも多いといわれています。

よく似た症状で紛らわしい花粉症と風邪ですが、それらの違いを見分ける初期症状のチェックポイントを紹介します。

花粉症と風邪は初期症状がよく似ている

花粉症の典型的な症状に「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」があります。

この三つの症状は、「花粉症の三徴」とも呼ばれていますが、これらの症状は風邪を引いたときにも見られる症状です。

花粉症と風邪に共通する症状が、見分けることを難しくしてしまっていますが、花粉症と風邪とでは、治療方法も違えば薬も違ってきます。

まずは、自分の今の症状が、花粉症なのか風邪なのかを見分けることが肝心です。

スポンサーリンク

花粉症か風邪かを見分けるポイント

花粉症の症状と風邪の症状が似ているのは確かですが、それぞれの症状が全く同じというわけではありません。

似た症状の中にも「違い」があるので、見分ける際の参考にしてください。

くしゃみ

風邪を引いたときにもくしゃみが出ますが、風の際のくしゃみは、多くても連続2~3回程度です。

風邪の場合は、風邪ウィルスに対する抵抗のためにくしゃみが出るので、通常は、そんなに連続してくしゃみが出ることはありません。

これ対して、花粉症のくしゃみは、何回も連続して出ることも珍しくなく、多い時には連続で10回くらい出ることもあるといわれています。

花粉が多く飛んでいる時期に、連続したくしゃみが続くような場合には、花粉症を疑ってみる必要がありそうです。

鼻水

鼻水も、花粉症と風邪とでは特徴が異なります。

花粉症の鼻水は、無色透明でサラサラしていて、ちょっと気を抜くと、「タラー」と垂れてしまうことも少なくありません。

これに対して、風邪の鼻水は、黄色がかって粘り気があることが多いです。

これは、花粉症の場合は、花粉に刺激されて免疫の過剰反応で鼻水が出ているだけなのに対して、風邪の場合は、ウィルスと戦った後の白血球などが含まれているために、色がついていたり粘度が高かったりするからです。

鼻づまり

鼻づまりも、花粉症と風邪の双方に症状が出ますが、風邪よりも花粉症の方が、重症の場合が多いです。

花粉症の人が一番苦労するのが、この鼻づまりだともいわれています。

風邪では、両方の鼻が同時に詰まることはほとんどありませんが、花粉症の場合は、両方の鼻が同時に詰まることも珍しいことではないといわれます。

花粉症の鼻づまりでは、いくら鼻をかんでも、詰まりが解消しなかったり、一時的には鼻が通っても、また直ぐに詰まるということの繰り返しで、風邪の鼻づまりに比べると、より酷いケースが多いです。

のどの痛み

のどの痛みも、花粉症と風邪の双方に見られる症状ですが、風邪の場合は、唾を飲み込んだときに痛みがあることが多いのに対して、花粉症の場合には、唾を飲み込んでも痛みがないのが特徴だといわれます。

花粉症では、喉のかゆみを伴うこともあります。

目のかゆみ

目のかゆみは、風邪の場合には、ほとんど現れることがない症状です。

花粉症では、目に付着した花粉を外に出そうとして、体の免疫機能が過剰に働いてアレルギー反応を起こし、目に強いかゆみが生じたり、涙が出やすくなったりするといわれています。

目のかゆみが酷い場合には、目をこすり過ぎて、結膜や角膜を傷つけてしまい、症状がさらに悪化することもあります。

発熱

風邪では、高熱が出ることもありますが、花粉症の場合は、発熱することはほとんどないといわれています。

花粉症の際の発熱は、発熱したとしても、微熱程度に止まることがほとんどです。

頭痛

頭痛は、風邪ではよく見られる症状ですが、花粉症で頭痛がするということは、そんなに多くないといわれます。

花粉症の頭痛は、鼻がつまって脳へ供給される酸素の量が不足するために起こるといわれています。

花粉症での頭痛を解消するには、鼻の通りを良くすることが、一番の対策になります。

症状が継続する期間

花粉症:花粉が飛んでいる期間。数ヶ月続くこともある。

風邪:長くて1週間程度

天候との関係

花粉症:晴れた日や風が強い日に症状がひどくなる。

風邪:天候とは関係がない。

原因

花粉症:スギ、ヒノキなどの植物の花粉

風邪:ウィルス

受診するのは耳鼻科?それとも内科?

花粉症の症状が出たときには、耳鼻咽喉科または内科を受診するようにします。

耳鼻咽喉科は、文字通り耳・鼻・咽喉のスペシャリストで、内科はアレルギー性鼻炎だけではなく、気管支ぜんそくなどアレルギー全般に関する治療を行っています。

しかし、ネブライザーと呼ばれる吸入器や鼻の処置などは、内科では行っていない場合もあります。

花粉症のつらい症状が出ている場合には、専門的な設備が整っている耳鼻咽喉科を受診するのがいいかもしれません。

内科を受診する場合には、アレルギー科などがあって、専門的に診てもらえるかどうかを確認しておくと安心です。

まとめ

花粉症と風邪は、よく似た症状が現れますが、くしゃみや鼻水など一つ一つの症状をよくみると、特徴がそれぞれ異なっています。

それぞれの症状の違いをよく理解しておいて、症状が出てきた時には適切な対処をし、症状が悪化するのを防ぐようにしたいですね。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする