いろいろなテーマ

アレルギー性鼻炎で咳や痰が止まらない!どう対処すればいい?

アレルギー性鼻炎の症状といえば、鼻水、鼻づまり、くしゃみ。

春先になって鼻水やくしゃみが頻繁に出るようになると、アレルギー性鼻炎を疑うこともありますが、咳や痰がでていると、風邪だろうと思い込んでしまう人も結構います。

アレルギー性鼻炎で咳や痰が出るということはあまり聞かないので、咳や痰とアレルギー性鼻炎とは結びつきにくいかもしれませんが、実際のところは、アレルギー性鼻炎の人で、咳や痰が出る人は多くいます。

アレルギー性鼻炎の「咳」と「痰」

アレルギー性鼻炎が原因で咳や痰が出るのは、鼻水や鼻づまりが関係しているといわれています。

風邪でもないのに咳や痰が出るとき、同時に透明でさらさらした鼻水が出ているようなら、アレルギー性鼻炎を疑ってみましょう。

アレルギー性鼻炎が原因で咳が出ている場合には、風邪薬や咳止めなどを使っても、ほとんど効果は期待できません。

スポンサーリンク

炎症、鼻づまりによる咳

アレルギー性鼻炎になると、ほとんど一日中鼻水が出ているような状態になりますが、すべての鼻水が鼻から垂れてくるというわけではありません。

喉に流れていく鼻水もたくさんあり、その鼻水が喉に付着して炎症を起し、咳が出ることがあるといいます。

鼻づまりの症状では、喉の奥にも鼻水がとどまっている状態になりますが、体は、この鼻水を異物と認識し、これを排除しようとして咳を出すといわれています。

咳は、鼻水という異物を排除するための「防衛反応」というわけです。

アレルゲンを外へ出すための痰

痰は、呼吸器系から分泌された粘液で、細菌やウイルスなど、体に悪いものを体外に排出する働きがあります。

アレルギー性鼻炎の場合は、アレルギーの原因となる「アレルゲン」を体外に出そうとして痰が出ると考えられています。

というわけなので、痰は飲み込まないようにするのが賢明です。

アレルギー性鼻炎で咳や痰が止まらない時の対処

アレルギー性鼻炎で咳や痰が出るのは、基本的には、異物を体外に排出するためです。

無理に咳や痰を止めてしまうと、体外へ排出しないといけない異物を排出することができなくなってしまいます。

咳や痰を止めることを考えること以上に、アレルギー性鼻炎そのものを改善することを考えましょう。

咳や痰がひどい時の対処としては「投薬」が有効ですが、それと並行して、「アレルゲンを遠ざける」ような生活を送るとともに、「体の免疫力を高める」ことで、アレルギーの症状を緩和することを目指しましょう。

アレルゲンを遠ざける

花粉に対してのアレルギーがある人なら、外出する時は眼鏡をしたりマスクをつけたり、帰宅したときには、家に入る前に上着をはたくなどして、「家の中に花粉を持ち込まない」ことが大切です。

ハウスダストについては、家の中をしっかりと掃除をしたり、こまめに換気したりして、アレルギーの原因となる「アレルゲンの除去」を徹底するようにしましょう。

ダニの住処になりやすいカーペット、布団、枕、シーツなどは、特に清潔に保つように心がけたいです。

布団乾燥機、布団クリーナー、空気清浄機などは、アレルゲンを除去する強い味方になってくれます。

アレルゲンが鼻や喉から入り込んでくる場合には、「うがい」「鼻うがい」も効果的だといわれます。

乾燥していると炎症が酷くなることが多いので、部屋の中が乾燥しているようなら、加湿器などを利用して、適度に「加湿」するようにしましょう。

症状を緩和するための対策

自律神経の働きが弱まると、アレルギー症状が出やすくなるといわれています。

睡眠が不足しているようなら、十分に睡眠をとることで症状が緩和することがあります。

また、自律神経の働きを高めるため、「適度に体を動かす」ことも効果があるとされています。

「タバコの煙」は、アレルギー症状を悪化させる要因になるといわれているので、喫煙している人には近づかないようにするのが無難です。

自身が喫煙をしている場合は、これを機に、禁煙に挑戦してみるのもいいかもしれません。

タバコを吸いながらアレルギー症状を緩和するのは、難しいといわれています。

動物性たんぱく質を摂りすぎると、アレルギー症状が酷くなるといわれているので、「肉類を控える」のも効果が期待できます。

日本人にアレルギー体質の人が増えてきたのは、食生活が欧米化したことが大きな要因だといわれていますが、アレルギー性の病気が増え始めた時期と、食生活が欧米化して動物性タンパク質の摂取が急激に増えた時期とが、ほぼ一致しているということも、このことを裏付けているといえます。

アレルギー治療に、特効薬はないといわれます。

食生活と生活習慣を変えていくことで、地道に「体質改善」を続けていくことが大切になります。

アレルギー性鼻炎と風邪の見分け方

鼻水、鼻づまり、咳、痰など、アレルギー性鼻炎と風邪の症状はよく似ているので、自分の症状がどちらの症状なのか、よくわからないという人も多いようですが、簡単にチェックする方法があります。

アレルギー性鼻炎なのか風邪なのかは、鼻水の「色」「粘り気」で、見分けることができるといわれています。

アレルギー性鼻炎の鼻水は、「透明(ほぼ透明の白)」「サラサラ」しています。

粘り気がなくサラサラしていて、ちょっと油断するとタラッと垂れてくるような鼻水が、アレルギー性鼻炎の鼻水の特徴です。

風邪の鼻水も、最初はサラサラしていますが、次第に「粘り気」が出てきて、色も「黄色」くなっていきます。

いつまで経っても透明でサラサラした鼻水が出るようなら、風邪ではなく、アレルギー性鼻炎の可能性が高いです

鼻水の色と粘り気で、アレルギー性鼻炎なのか風邪なのかを、比較的簡単に見分けることができるので、鼻水の状態をしっかり確認するようにしましょう。

まとめ

アレルギー性鼻炎の人が、咳や痰が止まらないと悩んでいた大きな原因は、鼻水と鼻づまりにあったというわけです。

咳や痰が止まらないのは苦しいものです。

対策をしっかりして、少しでも症状が緩和するようにしたいものです。

アレルギー性鼻炎の症状を緩和するのに、体の免疫力を高めることは、大きな効果が期待できます。

食生活や生活習慣を見直してみて、栄養バランスのとれた食事、規則正しい生活リズムで過ごすように心がけたいですね。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする