テーマの引き出し

「先んずれば人を制す」の意味と語源

先んずれば人を制す(さきんずればひとをせいす)

「先んずれば人を制す」の意味

人より先に事を行えば、有利な立場に立つことができるということ。

「先んずれば人を制す」の語源・由来

「先んずれば人を制す」の語源は、「史記」項羽紀にある、次のような故事が由来になっています。

秦の始皇帝の死後、各地で反乱がおこっていた頃、会稽(かいけい)郡主の殷通(いんとう)は挙兵を決意していました。

殷通は、地元の有力者の項梁(こうりょう)に言いました。

「今や天が秦を滅ぼそうとしている。
人よりも先に行動を起こせば人を支配することができるし、出遅れると他の人に支配されてしまう。
挙兵しようではないか。」

殷通を倒して挙兵を企てていた項梁は、戸惑いました。

そして、いったん部屋から出て甥の項羽(こうう)と何かを相談し、再び部屋に戻って来ました。

そして、殷通に項羽を部屋に呼びいれることの了承をとり、項羽を部屋に呼びいれました。

部屋に入ってきた項羽は、そのまま殷通の前まで進み、いきなり刀を抜き殷通の首をはねてしまいました。

結局、人よりも先に行動して人を支配することができたのは、項梁と項羽でした。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。