テーマの引き出し

「虎の威を借る狐」の意味と語源

虎の威を借る狐(とらのいをかるきつね)

「虎の威を借る狐」の意味

有力者の権力をかさに着て威張る人のたとえ。

「虎の威を借る狐」の語源・由来

「虎の威を借る狐」の語源は、「戦国策」楚策にある、次のような故事が由来になっています。

楚の国の宣王(せんおう)は、自国の宰相である昭奚恤(しょうけいじゅつ)が北方の国々から恐れられているといううわさを聞き、群臣たちに尋ねました。

「北方の国々は、私よりも昭奚恤を恐れていると聞くが、どうしてだ。」

魏の国から使者として来ていた江乙(こういつ)は、次のように答えました。

どんな獣も捕まえて食べてしまう虎が、ある時、狐を捕まえました。

捕まえられた狐は、虎に向かって言いました。

「あなたは、私を食べてはいけません。
神様は私を「百獣の王」に選びました。
嘘だと思うのなら、私の後ろからついて来てみなさい。
獣たちは、私を見たらみんな逃げ出すでしょう。」

虎は狐の言うとおり、後ろからついて行ってみました。

すると、狐の言うとおり獣たちはみんな逃げていきました。

虎は、獣たちが自分を恐れて逃げているということがわからず、狐の言うことを信じてしまったのです。

今、宣王は広い領土を納め多くの軍隊を擁しています。

これらの領土や軍隊を昭奚恤に任せているから、北方の国々は昭奚恤を恐れているのです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。