転職・求職

仕事を辞めたくなるほど残業が多い/長時間労働から脱出するための転職力

毎日毎日、残業残業。

仕事をさぼっている訳でもないのに、どうして毎日こんなに長く働かなければならないのかと、不満に思っている人も少なくありません。

法外な長間外労働や賃金不払いなど、不当に労働者を働かせる、いわゆる「ブラック企業」に対しては、対策が強化されていってはいますが、まだまだ、多くのブラック企業が存在するというのも現実です。

一時的な繁忙期の残業なら、その時期が過ぎれば、長時間労働が解消されるかもしれませんが、恒常的に長時間労働が続いているような場合は、その企業の経営方針や企業体質・風土などに起因していることも多いので、長時間労働から逃れることは難しいかもしれません。

その仕事に、よほど魅力を感じていて、修行するような気持があり、将来の自分の働き方のプランがはっきりと定まっているような場合には、意欲を持って仕事を続けていくことができるかもしれませんが、そうでなければ、忍耐的にも精神的にも、かなりきつい状態に追い込まれてしまいます。

残業などの時間外労働を減らして、労働時間を短くするよい方法はあるのでしょうか。

何時間以上の残業が法外な長時間労働になる?

長時間労働が問題になることがありますが、そもそも、労働時間は法令で規制されていて、労働基準法では、1日に8時間、1週間に40時間を超えて、労働者に労働させてはいけないことになっています。

この労働時間を原則として、それ以上の時間労働させる場合(残業させる場合)には、あらかじめ、労働基準法第36条に定められた協定(いわゆる「36協定」)を労使間で締結して、労働基準監督署に届け出る必要があります。

この場合でも、一般的な労働者の場合、残業時間は、1週間で15時間、1ヵ月で45時間、1年間で360時間が限度になっています。

これによれば、恒常的に残業が続くような場合でも、1日の残業時間は、2時間程度が限度ということになり、残業に対しては、当然、その分の割増賃金が支給されることになります。

一時的な事情や突発的な事情があれば、特別条項によって、1ヵ月45時間以上の残業が認められることもありますが、恒常的に2時間を越えるような長時間の残業を強いられている場合には、法令に違反して残業させられている可能性もあります。

どんな会社でも、仕事の繁忙期には長時間の残業が続くことはありますが、「過労死ライン」ともいわれている「月80時間以上の残業」が毎月強いられているというようなことは、異常といえます。

月80時間以上の残業が続いているようなら、法令に違反していることはほぼ間違いなく、その会社は、いわゆる「ブラック企業」なのかもしれません。

仕事に殺されてしまう前に、今の状況から脱出する方法を、真剣に考えるのが賢明だといえます。

スポンサーリンク

長時間労働(残業)から脱出するための「転出力」

長時間労働が恒常化している会社は、経営者が「長時間労働は当たり前」と考えていて、長時間の残業を続けることが法令に違反するという意識が薄いことも多いです。

こんな場合には、経営トップが交代でもしない限りは、状況が改善するということは望み薄かもしれません。

このような会社では、仮に、自分自身の作業能率をアップして、今の仕事を早く終わらせることができるようになったとしても、新たな次の仕事を与えられる可能性が高いです。

仕事を早く処理しても、残業時間が短くなるということは、ほとんど期待できません。

今の状況を脱出するために転職を決意したとしても、せっかく苦労して転職した会社がまた同じように残業の多い会社だったらと考えると、転職することに二の足を踏んでしまうかもしれません。

そんな時に身につけておきたいのが「転職力」です。

高い転職力を身につけることで、転職活動をよりスムーズに進めていくことが可能になります。

転出力を身につける

仕事に必要なスキルは、大きく3つに分けることができるといわれます。

1.社会人としての素養
2.特定の会社のみで通用するスキル
3.専門的なスキル

転職力として特に重要になるのが、3の「専門的なスキル」です。

社会人としての素養

社会人としての素養は、簡単にいえば「社会人としてのマナー」といえるかもしれませんが、「礼儀をわきまえる」「時間を守る」「ルールを守る」「自覚・責任をもつ」といった、社会人として、当然身につけておくべきスキルです。

どんな仕事に就くにしても、最低限必要になるスキルです。

特定の会社のみで通用するスキル

特定の会社のみで通用するスキルは、文字どおり、その会社でしか通用しないスキルです。

「その会社でしか扱っていない商品の知識」や「社内でのコネクション」などがそれにあたります。

会社で働きつづける場合には、このスキルが最も価値の高いスキルとなることが少なくありません。

このスキルは、現在の会社で生き残っていくためには、非常に重要なスキルになりますが、転職するに当たっては、そんなに大きな価値にはなりません。

専門的なスキル

専門的なスキルは、自分が就く仕事に対する専門的なスキルです。

経理の仕事なら、税理士や簿記検定などの資格、海外企業との取引が多い職種なら、商用英語などの資格、企業全般的には中小企業診断士などの資格も専門的なスキルといえます。

分かりやすく資格を例に挙げましたが、取り扱う商品の知識や業界での人脈なども専門的なスキルといえます。

転職する業界や分野で、より魅力のある専門的なスキルを身につけることで、よりスムーズに、より有利に転職活動を進めていくことができます。

他の企業でも魅力的に感じられるスキルを身につけることで、自分自身の転職力が高くなって、現在の仕事を辞めたくなった時に「転職する」という選択肢が選びやすくなり、より条件の良い会社に転職しやすくなります。

転職する際に身につけておくべきスキルは、この専門的なスキルといえます。

結局、長時間労働しなければならない今の会社を辞められないのは、次の転職先が見つからないからというのが大きな理由になっているはずです。

スキルを磨いて、転職力を高めることが、長時間労働から抜け出す一番の対策になるといえます。

働きながらスキルを磨いて転職力を高め、自分の理想とする職場で働ける転職力を身に着けるという計画性を持って行動することが大切です。

正社員以外の雇用形態で働くという選択

働きながらスキルを身につけるといっても、長時間労働で苦しんでいるのに、そんな状態で、スキルを身につける時間なんてとれないという人も多いかもしれません。

また、今の仕事があまりにもきついので、すぐにでも辞めたいという人もいるかもしれません。

そんな場合には、一時的に派遣社員や期限付き社員などとして働きながら、スキルを身につけたり、正社員としての転職活動をするというのも、一つの方法です。

正社員の場合には、上司の命令に逆らえず残業させられることがほとんどですが、派遣社員の場合は、働いている会社とは直接の契約関係はないので、会社からの制約を受けにくくなり、残業時間も少なくなる傾向にあります。

派遣社員でも、残業をすることはありますが、正社員ほど長時間の残業になることは少ないです。

「○○の資格取得に挑戦する」など、自分が身につけたいスキルがある場合には、派遣社員という選択は、とてもふさわしい選択肢になり得ます。

限定正社員

最近では、「限定正社員」という新しい制度も生まれています。

限定正社員は、正社員であることに変わりはありませんが、雇用に対する条件がつけられます。

雇用期間は無期雇用が原則で、賃金はパートやアルバイトよりも高くなり、社会保険にも加入できます。

例外的な場合を除いては、急に解雇されることもありません。

限定正社員の「限定」とは、勤務地、職種、労働時間を限定するという意味で、勤務地限定の限定正社員の場合は、転勤する必要がなく、職種限定の限定正社員の場合は、職種の転換がないということになります。

正社員に比べて、賃金は低くなりますが、労働時間限定なら長時間労働を避けることが可能になります。

ボーナスや諸手当などは、正社員と同じというわけにはいかないかもしれませんが、長時間労働を避けるという意味では、限定正社員は、注目に値する制度といえます。

転職活動をして自分の転職力を確かめてみる

長時間労働から脱出するためには、より高い転職力を身につけることが大切ですが、今、自分にどれだけの転職力が備わっているかということは、判断しずらい面があります。

資格の有無も転職力の一つですが、それ以外にも、これまでの職務経験なども転職力に反映されます。

自分では、たいしたことはないと思っている経験や知識が、実際には、高い評価が得られることもあります。

転職力を判断するのは、自分自身ではなく、採用する側なのです。

自分にどれだけの転職力が備わっているは、実際に、転職活動をしてみると、よくわかります。

自分と同じように、長時間労働から脱出したいと思って転職活動をしている人は、他にもたくさんいます。

それらの人たちすべてが、転職力を磨いてから、転職活動をしているわけではありません。

会社が人を採用する場合、ある一定基準になる「絶対評価」はありますが、選考される側は、一人ではなく複数であることが一般的なので、必ず「相対評価」が入ってきます。

この相対評価で、他の人よりも上位に評価されれば、採用される可能性は、グッと高くなります。

そこで評価されるのが、その人の人間性であり、経験であり、知識なのです。

これらのことは、実際に転職活動をしてみると、実感として肌で感じることができます。

転職活動が、残念な結果となることも多いかもしれませんが、かりに、自分の転職力が評価されれば、今の長時間労働の仕事から、すぐにでも脱出することができます。

転職エージェントを利用する

残業が多い長時間労働の職場で働いていると、「転職活動に割く時間がない」と悩むことも多いでしょう。

そんな時に利用したいのが、DODA、リクルートエージェント、マイナビエージェントなどの転職エージェントです。

転職エージェントは、初めての転職活動では時間がとられがちな履歴書や職務経歴書の書き方を指導してくれたり、面倒な面接日程の交渉などを代行してくれます。

転職活動の負担がかなり軽減されるので、長時間労働のなかで転職活動を行う人には、必須のサービスといえます。

登録は無料なので、「転職」ということが頭に浮かんだら、まずは、登録しておきましょう。

長時間労働から抜け出す、強い味方になってくれるでしょう。

~・~・~・~・~・~・~

長時間労働に悩んで、何とか今の状況から脱出したいと考えている人はたくさんいます。

その長時間労働が、一時的なものであれば、少しがまんして乗り切るということも考えられるかもしれませんが、恒常的に長時間労働が続いていて、将来的にも、その状況が解消しそうにない時は、仕事で人生が狂わされてしまう前に、「転職」という選択肢を考えましょう。

その際、転職エージェントが、大きな手助けをしてくれます。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする