転職・求職

体調不良で仕事を辞めたい/ストレスが原因なら働く環境を変える

何となく体の調子が悪い状態が続いていても、我慢して、毎日仕事を頑張っているということはないでしょうか。

もしかしたら、その体調不良は、体が発しているSOSのサインなのかもしれません。

「これくらいは大丈夫」と思って、休まずに働いていると、次第に症状が強くなっていき、心も体もボロボロになってしまいかねません。

仕事を辞めたいと思うくらいに体調不良が続くような場合は、もう心身が限界に達しているのかもしれません。

ストレスが原因となった体調不良

何らかの疾患が体調不良の原因になっている場合には、その疾患を治療することで、体調が良くなることも多いですが、長引く体調不良に悩んでいる人の中には、特に疾患があるわけではないのに、体調不良が続くという人も少なくありません。

そんな時には、ストレスが原因になっていることが多いです。

仕事に対するストレス、人間関係に対するストレスなど、会社で仕事をしている人には、多くのストレスがかかっています。

世の中には、自分にはどうしても合わない仕事があり、どうしても合わない人がいるということは、確かなことです。

自分に合わない環境の中で、我慢して仕事を続けていると、そのことが強いストレスとなって襲ってきて、それに耐えようとして体が反応した結果、体調不良という症状として現れてきます。

しかし、それは、自分が悪いというわけではなく、仕事をする環境が自分に合っていないだけです。

体調の良し悪しは、体と心に密接に関係しています。

どちらか一方でも、健全な状態でなくなってしまうと、体調不良の症状が現れてきます。

肉体的な不調は、比較的わかりやすいので、対処もしやすいですが、精神的な不調は、なかなか原因がわかりにくいこともあって、対処がしづらいという傾向にあります。

肉体的には、特に疾患がないのに、体調不良が続く場合には、ストレスによって精神的にダメージをうけている可能性も高いです。

スポンサーリンク

体調不良の原因を確かめる

体調不良が続いて、症状が強くなるようなら、一度病院で診てもらいましょう。

その結果、何らかの疾患が見つかったら、その治療をすれば体調がよくなることも多いですが、特に疾患が見つからなかった場合は、ストレスが原因になっている可能性が高いです。

今の職場環境で働き続けた結果、ストレスが溜まってしまったのですから、同じ職場で働き続けていても、体調不良が改善していくということは、あまり期待できません。

できるようなら、診断書を提出して、長期の休暇をとって療養するというのも一つの方法です。

職場でのストレスが原因になっている場合は、職場を離れることで、体調不良が改善することが多いです。

しかし、一旦症状が改善しても、いざ仕事に復帰するとなると、会社に行くこと自体にストレスを感じてしまったり、復帰してしばらくすると、また同じように体調不良を感じてしまうこともあります。

復帰後、体調が悪くなることなく仕事ができるようになればいいのですが、働き始めると体調不良を繰り返すようなら、その仕事が自分に合っていない可能性も高くなります。

こんな場合は、今の会社を辞めて、転職するということも、有力な選択肢になります。

ストレスの原因になり得ること

体調不良の原因が、ストレスであることも少なくありませんが、職場でのストレスの原因になり得ることには、次のようなものがあります。

長時間労働

残業が多い、休みの日が少ないなど、長時間労働は、肉体的な疲労の原因になるのに加えて、大きなストレスの原因にもなります。

「月80時間の残業は過労死ライン」ともいわれていますが、毎月、これに近いような残業をしているようなら、ストレスが溜まっても全然おかしくはありません。

「仕事を辞めたい」と感じるのも、当然といえます。

恒常的に残業が多い会社は、いわゆる「ブラック企業」ともいえるので、体がボロボロになる前に退職して、新たに転職することを考えた方がいいかもしれません。

職場での人間関係

職場での人間関係の悩みは、そう簡単に解決できる問題ではありませんが、ある程度の規模の会社なら、配置転換によって働く部署が変わることで、人間関係によるストレスが解消して体調が良くなることもあります。

しかし、配置転換は、会社が行うことなので、希望したからといって実現するというわけではありません。

また、運よく配置転換で部署を変わることができたとしても、仕事内容は、全く異なる内容になるということは、覚悟しておかなければなりません。

仕事内容

「自分のやりたい仕事ではない」「ノルマがきつい」「経験のない業務を任せられて負荷が大きい」など、仕事内容が合わないと、ストレスも強くなります。

体調不良の原因になっているストレスの解消

ストレスからくる体調不良は、当然のことながら、ストレスを解消することが一番の対処法となります。

ストレスの原因になることは色々ありますが、職場では「長時間労働」「人間関係」「仕事内容」などが、ストレスの原因になりやすいです。

これらはどれも、今の会社で働き続けている限りは、状況が改善することはあまり期待できません。

体調不良が続いて、辛い思いをして仕事を続けることを思えば、転職をして、新たな職場環境で仕事をすることを考えた方が、より充実した人生が送れる可能性も高くなるといえます。

ストレスを我慢して仕事を続けていると、どんどんと体調不良の状態が悪化していき、場合によっては、最悪の事態になってしまうこともあります。

毎年、2万人を超える人が、仕事のストレスが原因で自殺するともいわれています。

働く場所は、今の会社だけではありません。

多くの会社からの求人があるので、今の状況を改善するために、まずは、それらの選択肢を検討してみましょう。

やりがいのある職場で働くことができれば、ストレスを感じることもなく、今まで以上に楽しい人生を送ることができます。

仕事のストレスが原因で「人生を楽しめない」ということは、とてももったいないことです。

ストレスのない職場で働くことで、より良い人生を楽しみましょう。

転職時の給与

転職に踏み切れない理由の1つに「収入が下がるかもしれない」という不安が挙げられます。

「収入が下がってローンが払えなくなると困る」というような、経済的な理由で、転職をためらう人が多いのも事実です。

しかし、転職者のうちの2人に1人は年収がアップしたというアンケート結果があることも、また事実です。

「転職すると収入が下がる」と考えがちですが、転職者の半数は、収入がアップしているので、むしろ、転職することで年収アップが期待できると考えた方がいいのかもしれません。

積極的に転職活動することで、収入面での不安は期待に変わっていくでしょう。

転職エージェントの活用

転職すると決断したとしても、転職活動に慣れていないのに、多くの求人の中から、自分に最適な仕事を自分一人で探すのは、やはり難しいです。

特に、今の仕事を続けながらの転職活動では、時間が限られているので、思うように求人を探すことさえ難しいかもしれません。

そんな時に、強い味方になってくれるのが「転職エージェント」です。

転職エージェントは、プロのキャリアアドバイザーが「活躍できそうな業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを、完全無料でサポートしてくれます。

転職活動に必要になるいろいろな情報を提供してくれるので、仕事をつづけながらでも、充実した転職活動を行うことができます。

プロのアドバイザーにアドバイスを受けることで、確実に、今以上に自分自身を企業にアピールすることができるようになります。

その結果、収入・待遇・仕事内容などの面で、今以上の条件で転職できる確率がグッと高くなります。

転職エージェントを上手に活用して、より良い職場への転職を成功させましょう。

転職エージェントを活用するメリット/費用・手数料は無料! >



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする